アーカイブ:2016年

  • 身近ところでもIoT活用事例

    身近なところでもIoT活用事例

    これからますます大きな経済効果が期待されているモノのインターネットIoT。既に家電などに導入がスタートしていますが、「うちの会社は家電や車を扱っていないし、あまり関係ない」と思うかもしれません。しかし、IoTはこれからど…
  • なぜ、今「IoT」がここまで注目されるのか

    なぜ、今「IoT」がここまで注目されるのか

    今、まさにホットなワード『IoT』。もともとIoTの概念は1980年代から存在していましたが、2014年に急速に注目され始めました。なぜ今になってここまで注目されているのでしょうか。 それは、技術のめざましい発展に…
  • IoTは新しい価値も生み出す

    IoTは新しい価値も生み出す

    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接続する技術を「IoT」と言います。 IoTによって今までインターネットに繋がっていなかった様々なモノが、ネットに繋…
  • 今注目の「IoT」とは?

    今注目の「IoT」とは?

    インターネットと言えば、パソコンやスマートフォン、タブレット端末などのIT関連機器に欠かせないものというイメージがあるかもしれませんが、ここ数年で注目が高まっているのがそれら以外のもの(Things)にインターネットを接…
  • ネット広告にもあるトレンド! 広告主として知っておきたいバナー広告の現況

    ネット広告にもあるトレンド! 広告主として知っておきたいバナー広告の現況

    インターネットを利用していて、広告を目にしないことはないと言っていいほど、様々な手法の広告が存在します。バナー広告もそのひとつです。インターネットの黎明期からつい最近まで、最も手軽で最も有効性の高い広告と言われたバナー広…
  • 今更ですが、「バナー」ってなんですか?

    今更ですが、「バナー」ってなんですか?

    インターネット上の「バナー(banner)」とは、ウェブサイト上にあるリンク付き画像のことを言います。広告として、またはアイキャッチとして、他のウェブページやウェブサイトにアクセスを誘導するのを主目的として使われます。今…
  • 普段からリスク管理を行い、早期発見・即対応。

    SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社やブランドの批判、商品やサービスの批判・指摘などが拡散していくケースです。インターネット上はネガティブな情報の方が何かと話…
  • SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

    SNSで顧客情報や従業員のプライバシーを侵害してしまうトラブルが頻発しています。このようなトラブルを防ぐためには、従業員全体のソーシャルメディア&ITリテラシー向上が不可欠ですが、具体的にはどうすればよいのでしょうか。答…
  • SNSで顧客や従業員のプライバシーを侵害

    アルバイト従業員が利用客として訪れた芸能人の情報を「〇〇さんご来店」などとTwitterに投稿してしまったというニュースを聞いたことはないでしょうか。本人に悪気はないのかもしれませんが、このような情報はすぐさま拡散し、大…
  • SNSで会社の機密情報を漏らしてしまうリスクも

    今の時代、友人にメールを使って連絡するよりもSNSを使うということが多いのではないでしょうか。SNSは特定の個人やグループに向けて気軽にメッセージを書き込めるので、連絡手段として活用している人も多いと思います。また、Tw…

ピックアップ記事

  1. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…
  2. 突然インターネット接続が切れた時の対処法3~モデムやルーター機器そのものを確認~
    “複数のデバイスやソフトでもインターネットに接続することができず”、“モデムやルーターの接続にも問題…
  3. ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?
    “URL”とは、“Uniform Resource Locator”の略称のことで、インターネット上…

注目記事

  1. 「なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか」のイメージ画像

    なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか?

  2. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る