カテゴリー:迷惑メール

  • 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

    日本国内でも特定の組織をターゲットにした深刻な標的型サイバー攻撃が増加していることを受け、被害拡大防止のため経済産業省の協力を得てサイバーレスキュー隊「J-CRAT(ジェイ・クラート)」が発足しました。 IPA J-C…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「標的型攻撃メールの対策」のイメージ画像

    標的型攻撃メールの対策

    大手企業や組織から重要な情報が漏洩して世間を賑わせる事件が相次ぎますが、標的型攻撃メールは対岸の火事ではありません。明日は我が身、備えが大切です。 では具体的にどうすれば? 5つのポイントをご紹介します。 …
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?」のイメージ画像

    狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?

    インターネットの発達と共に、激しさを増しているサイバー攻撃。中でも、特定の組織を標的として、重要データを搾取する目的で行われるのが『標的型サイバー攻撃』です。標的型サイバー攻撃は後を絶たず、2015年には年金情報の流出と…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「迷惑メールを受信した時の3つの基本対応」のイメージ画像

    迷惑メールを受信した時の基本的な対応3つ

    できれば迷惑メール(スパムメール)は受け取りたくありませんが、Eメールを利用している以上、100%防ぐのはとても難しいものです。なぜかと言うと、迷惑メール送信者はあの手この手を使って手法を次々と変えて、対策の隙間を狙って…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像

    迷惑メールを通報して大人の対応

    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいものです。しかし、迷惑メール送信者に苦情メールを送るなど、個人で対抗するのは得策ではありません。そればかりか、却って迷惑メー…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか」のイメージ画像

    なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか?

    迷惑メール(スパムメール)を受け取ると、「どうして自分のアドレスを知っているのだろう?」と疑問に思いませんか? 迷惑メールの送信者はメールを送るために送信先のアドレスを収集しています。 今回はその収集方法をご紹介しま…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「自分のメールアドレスから迷惑メールが届いた!?」のイメージ画像

    自分のメールアドレスから迷惑メールが届いた!?

    有名企業や有名人などを装う迷惑メールの一種“なりすましメール”。自分のメールアドレスから迷惑メールが届くこともあり、これも“なりすましメール”の一種です。 受信者の注意を引きメールを確認させたり、送信元を受信者自身…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 「「迷惑メール」とはどんなメール?」のイメージ画像

    「迷惑メール」とはどんなメール?

    Eメールを使っている人ならば、誰しも一度は迷惑メールに悩ませられた経験があるのではないでしょうか。本人の意思を無視して勝手に送りつけられる意味不明のメールは本当に迷惑です。 「スパムメール」とも呼ばれる迷惑メールの種類…
    • このエントリーをはてなブックマークに追加

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…
  2. SEO,Googleイメージ
    Googleは日々変化し続けています。 それは、「ユーザーが見たい情報にいち早く辿りつける検索…
  3. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…

注目記事

  1. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

  2. 今注目の「IoT」とは?

    今注目の「IoT」とは?

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る