URLの最初に出てくる「HTTP(エイチティーティーピー))」ってなんのこと?

URLの最初に出てくる「HTTP(エイチティーティーピー))」ってなんのこと?

“HTTP”は、“Hyper Text Transfer Protocol”の略称で、直訳すると「ハイパーテキスト転送プロトコル」ですが、インターネット上でのデータ転送のための通信手段のひとつです。インターネットの世界では、コンピューター間でデータをやりとりするために、アプリケーションの種類や目的ごとに定められた手順や規約があり、それを“protocol(プロトコル)”と言います。

たとえば、メールの送信や中継を行うためには、“SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)”、ファイル転送には、“FTP(File Transfer Protocol)”といったように、目的ごとにプロトコルが決められているわけです。では、これらプロトコルの1つである“HTTP”はというと、WebブラウザがWebサーバとデータのやり取りを行う際の手順などの約束ごとを規定しているもの。URLの表記が“http://”で始まるのは、情報を“HTTP”で取得するという宣言にあたります。

歴史的なことに触れると、“HTTP”は、1990年頃スイスで“HTML”と共にその基礎が考案され、1993年には、“HTML”と“HTTP”を実装したMosaicブラウザとNCSA HTTPサーバが開発されました。すぐに無償公開が開始され、インターネット普及の原動力となったと言えます。なお、2015年には、“HTTP/1.1”以来、初の大幅改定となる“HTTP/2”が公開されました。これからもまだまだ進化し続けるのかもしれませんね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. SEO,Googleイメージ
    Googleは日々変化し続けています。 それは、「ユーザーが見たい情報にいち早く辿りつける検索…
  2. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  3. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…

注目記事

  1. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る