URLの最初に出てくる「HTTP(エイチティーティーピー))」ってなんのこと?

URLの最初に出てくる「HTTP(エイチティーティーピー))」ってなんのこと?

“HTTP”は、“Hyper Text Transfer Protocol”の略称で、直訳すると「ハイパーテキスト転送プロトコル」ですが、インターネット上でのデータ転送のための通信手段のひとつです。インターネットの世界では、コンピューター間でデータをやりとりするために、アプリケーションの種類や目的ごとに定められた手順や規約があり、それを“protocol(プロトコル)”と言います。

たとえば、メールの送信や中継を行うためには、“SMTP(Simple Mail Transfer Protocol)”、ファイル転送には、“FTP(File Transfer Protocol)”といったように、目的ごとにプロトコルが決められているわけです。では、これらプロトコルの1つである“HTTP”はというと、WebブラウザがWebサーバとデータのやり取りを行う際の手順などの約束ごとを規定しているもの。URLの表記が“http://”で始まるのは、情報を“HTTP”で取得するという宣言にあたります。

歴史的なことに触れると、“HTTP”は、1990年頃スイスで“HTML”と共にその基礎が考案され、1993年には、“HTML”と“HTTP”を実装したMosaicブラウザとNCSA HTTPサーバが開発されました。すぐに無償公開が開始され、インターネット普及の原動力となったと言えます。なお、2015年には、“HTTP/1.1”以来、初の大幅改定となる“HTTP/2”が公開されました。これからもまだまだ進化し続けるのかもしれませんね。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?」のイメージ画像
    インターネットの発達と共に、激しさを増しているサイバー攻撃。中でも、特定の組織を標的として、重要デー…
  2. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…
  3. 「きれいすぎて、ごめんなさい!?その画像、迷惑じゃない?」のイメージ画像
    せっかくうまく撮れた写真だから、できるだけ高画質でみんなに見て欲しい…。 ワンランク上のカメラをや…

注目記事

  1. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

  2. ブラウザイメージ

    「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

  3. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る