ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?

ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?

“URL”とは、“Uniform Resource Locator”の略称のことで、インターネット上に存在する文書や画像といった情報資源の所在地を示します。並び順に決まり事があり、通常は「プロトコル://ドメイン名/デイレクトリパス」という形式で構成されています。

つまり、たとえば「http://www.coral.co.jp/wallpaper/201602.jpg」の場合、それぞれ、プロトコルは“http”、ドメイン名は“coral.co.jp”、ディレクトリパス名は“wallpaper”、ファイル名は“201602.jpg”ということになります。

簡単に言うと、「URLはインターネット上のホームページの場所を示す住所」。ブラウザ上部に「アドレスバー」という窓があり、そこに今開いているサイトのURLが表示されています。

インターネット有史以来、“http://”で始まるURLが圧倒的に多かったのですが、最近では、オンラインショッピングなどユーザが個人情報を入力する必要がある画面は通常“https://”で始まるURLになっています。これは、ユーザが入力する情報を暗号化して送信する仕組みを導入しているサイトであることを示すものです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  2. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…
  3. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…

注目記事

  1. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

  2. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  3. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

アーカイブ

ページ上部へ戻る