撮影モードを使いわける

撮影モードを使いわける

デジカメには撮影モードがあります。一番手軽なのは全てカメラにお任せのAUTO(全自動)ですが、必要に応じて撮影モードを使い分けてデジカメを使いこなしたいものです。

初心者の人でも比較的撮影しやすいのが、『P』モードです。このモードは絞りとシャッタースピードをカメラが自動で行ってくれるモードです。ホワイトバランスや露出補正、ISO感度などは自分で設定することができ、あえて暗めの写真に仕上げたい、少し黄色っぽい写真にしたいという時に便利です。また、『P』モードを使うことで、そのカメラの絞り値の基準を知ることができます。

また、物撮りの写真であえて被写体以外のボケを作りたい、ボケをコントロールしたいという人におすすめなのが絞り優先モードです。メーカーによって異なりますが、『A』または『Av』と表記されています。このモードは絞り値を固定して、露出に応じてカメラがシャッタースピードを自動で判断してくれます。また、動きのある被写体を撮る場合にはシャッタースピード優先モードがおすすめ。メーカーによって『S』、『Tv』で表記されます。スポーツやイベントの写真を撮るとき、雪や雨、子供や動物を撮る時にはシャッタースピード優先モードを使うとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?」のイメージ画像
    インターネットの発達と共に、激しさを増しているサイバー攻撃。中でも、特定の組織を標的として、重要デー…
  2. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…
  3. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…

注目記事

  1. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. ご存知てすか?Eメールの仕組み

    ご存知てすか?Eメールの仕組み

アーカイブ

ページ上部へ戻る