撮影モードを使いわける

撮影モードを使いわける

デジカメには撮影モードがあります。一番手軽なのは全てカメラにお任せのAUTO(全自動)ですが、必要に応じて撮影モードを使い分けてデジカメを使いこなしたいものです。

初心者の人でも比較的撮影しやすいのが、『P』モードです。このモードは絞りとシャッタースピードをカメラが自動で行ってくれるモードです。ホワイトバランスや露出補正、ISO感度などは自分で設定することができ、あえて暗めの写真に仕上げたい、少し黄色っぽい写真にしたいという時に便利です。また、『P』モードを使うことで、そのカメラの絞り値の基準を知ることができます。

また、物撮りの写真であえて被写体以外のボケを作りたい、ボケをコントロールしたいという人におすすめなのが絞り優先モードです。メーカーによって異なりますが、『A』または『Av』と表記されています。このモードは絞り値を固定して、露出に応じてカメラがシャッタースピードを自動で判断してくれます。また、動きのある被写体を撮る場合にはシャッタースピード優先モードがおすすめ。メーカーによって『S』、『Tv』で表記されます。スポーツやイベントの写真を撮るとき、雪や雨、子供や動物を撮る時にはシャッタースピード優先モードを使うとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  2. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…
  3. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…

注目記事

  1. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  2. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

    売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

  3. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

アーカイブ

ページ上部へ戻る