撮影モードを使いわける

撮影モードを使いわける

デジカメには撮影モードがあります。一番手軽なのは全てカメラにお任せのAUTO(全自動)ですが、必要に応じて撮影モードを使い分けてデジカメを使いこなしたいものです。

初心者の人でも比較的撮影しやすいのが、『P』モードです。このモードは絞りとシャッタースピードをカメラが自動で行ってくれるモードです。ホワイトバランスや露出補正、ISO感度などは自分で設定することができ、あえて暗めの写真に仕上げたい、少し黄色っぽい写真にしたいという時に便利です。また、『P』モードを使うことで、そのカメラの絞り値の基準を知ることができます。

また、物撮りの写真であえて被写体以外のボケを作りたい、ボケをコントロールしたいという人におすすめなのが絞り優先モードです。メーカーによって異なりますが、『A』または『Av』と表記されています。このモードは絞り値を固定して、露出に応じてカメラがシャッタースピードを自動で判断してくれます。また、動きのある被写体を撮る場合にはシャッタースピード優先モードがおすすめ。メーカーによって『S』、『Tv』で表記されます。スポーツやイベントの写真を撮るとき、雪や雨、子供や動物を撮る時にはシャッタースピード優先モードを使うとよいでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  2. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  3. 今やインターネットなしでは生活できないと言っても過言でない時代。お父さんが趣味で使うノートパソコン、…

注目記事

  1. 「気になる!サイトの訪問者数はどうやって調べる?」のイメージ画像

    気になる!サイトの訪問者数はどうやって調べる?

  2. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  3. ブラウザイメージ

    「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

アーカイブ

ページ上部へ戻る