なぜ、今「IoT」がここまで注目されるのか

なぜ、今「IoT」がここまで注目されるのか

今、まさにホットなワード『IoT』。もともとIoTの概念は1980年代から存在していましたが、2014年に急速に注目され始めました。なぜ今になってここまで注目されているのでしょうか。

それは、技術のめざましい発展により実現可能な状態になったこと、またコスト的にも折り合いがつくようになったことがあげられます。IoTを導入して実装するためには、初期費用はもちろんのこと運用にもたくさんのコストがかかります。

<IoTにかかる様々なコスト>

  • 通信機器やセンサー等ハードウェアのコスト
  • 通信回線の利用コスト
  • データの蓄積と分析にかかるコスト
  • システムやアプリケーションの開発コスト
  • システム運用・保守のコスト

一昔前はこれらに対して莫大なコストがかかりましたが、今ではセンサーやコンピュータのハードウェアが高性能になりながら低価格になっていること、人口知能(AI)などのソフトウェアの進化したこと。この2つによりIoT導入のハードルが下がってきたという訳です。また、様々なモノとネットワークを接続するための規格も標準化が進んでいることも、IoTの普及を後押ししています。これによって家電や自動車、産業機器、公共インフラも急速に今、IoTが進んできています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…
  2. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…
  3. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…

注目記事

  1. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  2. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る