IoTは新しい価値も生み出す

IoTは新しい価値も生み出す

パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接続する技術を「IoT」と言います。

IoTによって今までインターネットに繋がっていなかった様々なモノが、ネットに繋がることによって、情報をやりとりすることが可能になります。情報のやりとりができるようになれば、データを集積し、解析するとができます。それによって自動化が進展し、新しいシステムやサービスを生み出すことが期待されています。

具体的には、どのようなサービスが生まれるのでしょうか。

例えば、IoTを活用して既に実用化が始まっている高齢者見守りサービス。インターネット経由でリアルタイムで情報を把握、処理できるため高齢者の異常や変化をいち早くキャッチ、緊急であれば第三機関が直ちに駆けつけることも可能になります。また、運用によって得られるデータ(ビッグデータ)を活用し、さらなるサービスの質の向上を目指すこともできます。

IHS社によると、インターネットにつながるモノ『IoTデバイス』は2013年時点で約158億個、2020年までにはさらに増え続け約530億個になると予測されています。また、市場規模も2020年には約365兆円の巨大市場になると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…

注目記事

  1. 「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

    ページごとのアクセス数を知る方法

  2. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る