IoTは新しい価値も生み出す

IoTは新しい価値も生み出す

パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接続する技術を「IoT」と言います。

IoTによって今までインターネットに繋がっていなかった様々なモノが、ネットに繋がることによって、情報をやりとりすることが可能になります。情報のやりとりができるようになれば、データを集積し、解析するとができます。それによって自動化が進展し、新しいシステムやサービスを生み出すことが期待されています。

具体的には、どのようなサービスが生まれるのでしょうか。

例えば、IoTを活用して既に実用化が始まっている高齢者見守りサービス。インターネット経由でリアルタイムで情報を把握、処理できるため高齢者の異常や変化をいち早くキャッチ、緊急であれば第三機関が直ちに駆けつけることも可能になります。また、運用によって得られるデータ(ビッグデータ)を活用し、さらなるサービスの質の向上を目指すこともできます。

IHS社によると、インターネットにつながるモノ『IoTデバイス』は2013年時点で約158億個、2020年までにはさらに増え続け約530億個になると予測されています。また、市場規模も2020年には約365兆円の巨大市場になると言われています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?
    “URL”とは、“Uniform Resource Locator”の略称のことで、インターネット上…
  2. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…
  3. コンテンツマーケティングとは
    コンテンツとはもともと「中身」という意味ですが、コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティング…

注目記事

  1. ご存知てすか?Eメールの仕組み

    ご存知てすか?Eメールの仕組み

  2. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  3. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

アーカイブ

ページ上部へ戻る