SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

SNSで顧客情報や従業員のプライバシーを侵害してしまうトラブルが頻発しています。このようなトラブルを防ぐためには、従業員全体のソーシャルメディア&ITリテラシー向上が不可欠ですが、具体的にはどうすればよいのでしょうか。

答えは“SNS利用のガイドラインを作成”することです。ガイドラインを作成することで、従業員は実際にどのような行為をしてはいけないか把握できるだけでなく、万が一それでもSNSによるトラブルが発生した場合、対処の仕方や企業の対外的なイメージも変わってきます。

2005年にはIBMが比較的早い時期に「ソーシャル・コンピューティングのガイドライン」を策定したのを始め、実際に多くの企業でSNS利用のガイドラインを策定しています。また、ガイドラインは作って終わりでなく、新人研修や社内研修などを通じて従業員に周知、理解してもらうことが大切です。さらには、ガイドラインの規定を守ってもらうために、誓約書にサインしてもらう、就業規則で規定するのもよいでしょう。

中小企業の担当者で「どのようなガイドラインを作ってよいかわからない」という人は総務省が公表している『国家公務員のソーシャルメディアの私的利用に当たっての留意点』を参考にするのも一つの手です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンテンツマーケティングとは
    コンテンツとはもともと「中身」という意味ですが、コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティング…
  2. SEO,Googleイメージ
    Googleは日々変化し続けています。 それは、「ユーザーが見たい情報にいち早く辿りつける検索…
  3. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…

注目記事

  1. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  2. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  3. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

アーカイブ

ページ上部へ戻る