SNSで顧客や従業員のプライバシーを侵害

アルバイト従業員が利用客として訪れた芸能人の情報を「〇〇さんご来店」などとTwitterに投稿してしまったというニュースを聞いたことはないでしょうか。本人に悪気はないのかもしれませんが、このような情報はすぐさま拡散し、大きな騒ぎになる可能性があります。

また、取引先との懇親会などの写真を先方に無断でSNSに投稿してしまった場合、取引先や何時何処にいたという情報を公開することになってしまい、トラブルになる危険性もあります。

また、取引先でなくとも同じ会社の従業員であってもトラブルになる危険性も。何時、何処にいたかということを知られたくない人もいるでしょうし、中にはストーカー被害を受けている、暴力をふるう配偶者から逃れている人もいるかもしれません。そのような場合、投稿された1枚の写真で居場所が知られてしまう危険もあります。

スマホの普及などで気軽に写真を撮り、SNS上に投稿されることが日常茶飯事になっている時代ですが、写真撮影をする際には、撮影する目的と使用する範囲を伝えて、承諾を得た上で撮影するようにしましょう。画像データは一度でもネット上に流出すると、どんどん広がっていく事態にもなりかねません。投稿熱に侵されて、撮影される人のプライバシー配慮を怠ってはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…
  2. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  3. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…

注目記事

  1. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  2. 「SNS公式アカウントが乗っ取られたら」のイメージ画像

    SNS公式アカウントが乗っ取られたら

  3. 大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

    大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

アーカイブ

ページ上部へ戻る