SNSで顧客や従業員のプライバシーを侵害

アルバイト従業員が利用客として訪れた芸能人の情報を「〇〇さんご来店」などとTwitterに投稿してしまったというニュースを聞いたことはないでしょうか。本人に悪気はないのかもしれませんが、このような情報はすぐさま拡散し、大きな騒ぎになる可能性があります。

また、取引先との懇親会などの写真を先方に無断でSNSに投稿してしまった場合、取引先や何時何処にいたという情報を公開することになってしまい、トラブルになる危険性もあります。

また、取引先でなくとも同じ会社の従業員であってもトラブルになる危険性も。何時、何処にいたかということを知られたくない人もいるでしょうし、中にはストーカー被害を受けている、暴力をふるう配偶者から逃れている人もいるかもしれません。そのような場合、投稿された1枚の写真で居場所が知られてしまう危険もあります。

スマホの普及などで気軽に写真を撮り、SNS上に投稿されることが日常茶飯事になっている時代ですが、写真撮影をする際には、撮影する目的と使用する範囲を伝えて、承諾を得た上で撮影するようにしましょう。画像データは一度でもネット上に流出すると、どんどん広がっていく事態にもなりかねません。投稿熱に侵されて、撮影される人のプライバシー配慮を怠ってはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ビジョンイメージ
    コーポレートサイトとは、企業の事業内容や基本理念、サービス・商品などを総合的に伝えるインターネットサ…
  2. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  3. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…

注目記事

  1. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  2. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  3. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

アーカイブ

ページ上部へ戻る