印刷したらなんだか違う色合いなのはなぜ?知っておきたい色のこと

色って一通りじゃない?印刷したら、なんだか違う色合いなのはなぜ?知っておきたい色のこと

三原色って、覚えていますか?
三原色には「光の三原色」と「色の三原色」の2種類があります。

「光の三原色」は「RGB(Red・Green・Blue)」の3色を指し、これらを混ぜていくとどんどん明るくなり、最後には白になります。テレビやコンピューターの画面では、RGBの3つの色の割合を計算して必要な色を作り出しています。

一方、プリンタ等で印刷して表現される色は、「色の三原色」と呼ばれる「CMY」を使っています。Cyan・Mazenta・Yellowの3色のことで、こちらは混ぜていくとどんどん暗くなり、理論上、最後は黒になります。しかし実際には、どんなに混ぜても完全な黒にはならないので、黒を表現するために「CMY」に加えて「K=黒*」を用いて「CMYK」で色を作り出しているのです。

ウェブ上の画像等を紙に印刷する時、コンピューター内部では「RGB」を「CMYK」に変換する計算を行っているものの、画面上で見た色と少し違った色合いで出力されてしまいます。双方を完全に一致させるのは非常に困難なため、色味の印象が違ってしまうのは致し方ないのです。なお予備知識として、「CMYK」では表現できない「金」「銀」「銅」「蛍光色」は、「特色」と言われているので、覚えておくと印刷発注時等に便利です。

「K=黒*」:黒は英語でBlackなので、略す場合「B」としたいところですが、Blueと間違えやすいため「K」で表す。Blackの末尾の「K」、Key Toneの頭文字の「K」等、理由には諸説あり。

関連記事

ピックアップ記事

  1. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…
  2. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  3. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…

注目記事

  1. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. デジタルカメラの基礎知識を身につけたい時に役立つサイト5選

    デジタルカメラの基礎知識を身につけたい時に役立つサイト5選

アーカイブ

ページ上部へ戻る