ネット環境が変われば、Webマーケティングも変わる必要がある

ネット環境が変われば、Webマーケティングも変わる必要がある

今やマーケティングにおいて、大きなウェイトを占めているWebマーケティングですが、一度導入したからと言って、安泰という訳ではありません。

インターネットが広く普及したのは、1990年代後半。この時期はWebサイトを制作さえすれば売り上げが右肩上がりになると言われていました。しかし、現在はどうでしょうか。インターネット上には驚くほどたくさんのサイトが存在し、その数は2014年9月には10億件を突破したとも言われています。このような状況ではただWebサイトを作っただけで成果は見込めません。

また、検索エンジンの検索結果と連動しているリスティング広告は入札制となっていますが、以前は競争が少なく低コストで出稿できるのがメリットでした。しかし今では競争が激しくなり、入札価格も高額になり利益を出すのが難しくなっています。

さらに、検索エンジンでWebサイトを上位表示させるためのSEO対策も以前は簡単な操作で効果がありましたが、今は検索エンジン側がユーザーの信頼を得るために、以前のように簡単には上位表示させなくなってきました。

このように環境の変化、技術の進化によってWebマーケティングの手法も変化を余儀なくされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  2. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…
  3. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…

注目記事

  1. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  2. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  3. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

アーカイブ

ページ上部へ戻る