ネット環境が変われば、Webマーケティングも変わる必要がある

ネット環境が変われば、Webマーケティングも変わる必要がある

今やマーケティングにおいて、大きなウェイトを占めているWebマーケティングですが、一度導入したからと言って、安泰という訳ではありません。

インターネットが広く普及したのは、1990年代後半。この時期はWebサイトを制作さえすれば売り上げが右肩上がりになると言われていました。しかし、現在はどうでしょうか。インターネット上には驚くほどたくさんのサイトが存在し、その数は2014年9月には10億件を突破したとも言われています。このような状況ではただWebサイトを作っただけで成果は見込めません。

また、検索エンジンの検索結果と連動しているリスティング広告は入札制となっていますが、以前は競争が少なく低コストで出稿できるのがメリットでした。しかし今では競争が激しくなり、入札価格も高額になり利益を出すのが難しくなっています。

さらに、検索エンジンでWebサイトを上位表示させるためのSEO対策も以前は簡単な操作で効果がありましたが、今は検索エンジン側がユーザーの信頼を得るために、以前のように簡単には上位表示させなくなってきました。

このように環境の変化、技術の進化によってWebマーケティングの手法も変化を余儀なくされます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  2. 「クラウドサービスに預けているデータが消えた!?」のイメージ画像
    レンタルサーバはインターネット上にWebサイトを公開したり、メールなどのデータを保管するなど他にも様…
  3. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…

注目記事

  1. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  2. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  3. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

アーカイブ

ページ上部へ戻る