Webマーケティングとは

自社でWebサイトを運営することは、Webマーケティングの一環ですが、そもそもマーケティングとはどのような意味なのでしょうか。

近代マーケティングは1900年頃アメリカで発祥したと言われています。1908年フォード自動車が自動車の大量生産に成功、マーケティングを取り入れたことで1500万台以上の大ヒットとなり、これがマーケティングの始まりとされています。現在、アメリカ・マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である。」と定義されています。また、日本マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である。」と定義しています。

WebマーケティングとはWebならではの手段を用いてマーケティングの活動を行うことです。具体的にはWebサイト、SEO(検索エンジン最適化)、リスティング広告、アフィリエイト広告、SNS広告などがあげられます。これからもWeb関連の技術の向上、通信環境の整備が進み、Webマーケティングもますます発展することでしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…
  2. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…
  3. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…

注目記事

  1. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

  2. 「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

    ページごとのアクセス数を知る方法

  3. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

アーカイブ

ページ上部へ戻る