Webマーケティングとは

Webマーケティングとは

自社でWebサイトを運営することは、Webマーケティングの一環ですが、そもそもマーケティングとはどのような意味なのでしょうか。

近代マーケティングは1900年頃アメリカで発祥したと言われています。1908年フォード自動車が自動車の大量生産に成功、マーケティングを取り入れたことで1500万台以上の大ヒットとなり、これがマーケティングの始まりとされています。現在、アメリカ・マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である。」と定義されています。また、日本マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である。」と定義しています。

WebマーケティングとはWebならではの手段を用いてマーケティングの活動を行うことです。具体的にはWebサイト、SEO(検索エンジン最適化)、リスティング広告、アフィリエイト広告、SNS広告などがあげられます。これからもWeb関連の技術の向上、通信環境の整備が進み、Webマーケティングもますます発展することでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  2. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  3. 「クラウドサービスに預けているデータが消えた!?」のイメージ画像
    レンタルサーバはインターネット上にWebサイトを公開したり、メールなどのデータを保管するなど他にも様…

注目記事

  1. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  2. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  3. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

アーカイブ

ページ上部へ戻る