Webマーケティングとは

Webマーケティングとは

自社でWebサイトを運営することは、Webマーケティングの一環ですが、そもそもマーケティングとはどのような意味なのでしょうか。

近代マーケティングは1900年頃アメリカで発祥したと言われています。1908年フォード自動車が自動車の大量生産に成功、マーケティングを取り入れたことで1500万台以上の大ヒットとなり、これがマーケティングの始まりとされています。現在、アメリカ・マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である。」と定義されています。また、日本マーケティング協会では「マーケティングとは、企業および他の組織がグローバルな視野に立ち、顧客との相互理解を得ながら、公正な競争を通じて行う市場創造のための総合活動である。」と定義しています。

WebマーケティングとはWebならではの手段を用いてマーケティングの活動を行うことです。具体的にはWebサイト、SEO(検索エンジン最適化)、リスティング広告、アフィリエイト広告、SNS広告などがあげられます。これからもWeb関連の技術の向上、通信環境の整備が進み、Webマーケティングもますます発展することでしょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  2. PDCAイメージ
    インターネット上に限らず、あらゆるプロジェクトマネジメントで実践されている「PDCAサイクル」。目標…
  3. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…

注目記事

  1. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  2. ブラウザイメージ

    「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る