メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位

メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位

デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思っていた単位より、さらに大きな単位が登場し、それは、専門家だけでなく、ごく日常に使われるコンピュータのレベルでも、目の当たりにします。

【データ量を表す単位】

1バイト(B) 8ビット(もちろん、半角英数字1文字分)
1キロバイト(KB) 約1000バイト
1メガバイト(MB) 約1000キロバイト=100万バイト
1ギガバイト(GB) 約1000メガバイト=10億バイト
1テラバイト(TB) 約1000ギガバイト=1兆バイト
1ペタバイト(PB) 約1000テラバイト=1000兆バイト
エクサバイト(EB) 約1000ペタバイト=100京バイト

 

エクサバイトの次の単位は「ゼタバイト(ZB)」(1000エクサバイト)で、バイトに変換するととんでもない数字になります。しかし、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社「シスコシステムズ」が2015年5月に公表した分析によると、全世界のIPトラフィックの年間量は、2016年中にはゼタバイトの大台を超え、さらに、そのたった3年後の2019年には年間2ゼタバイトに達すると見込まれています。

今や一般的なコンパクトカメラで撮る写真1枚でさえ4MBほどにもなり、少し前に比べると随分大きな容量に感じますが、このままいくと、数十年後には、「メガバイト?そんな大きさでいったい何ができるんだい?」などという会話が聞かれるようになるかもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  2. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…
  3. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…

注目記事

  1. 今注目の「IoT」とは?

    今注目の「IoT」とは?

  2. 大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

    大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

  3. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

アーカイブ

ページ上部へ戻る