メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位

メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位

デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思っていた単位より、さらに大きな単位が登場し、それは、専門家だけでなく、ごく日常に使われるコンピュータのレベルでも、目の当たりにします。

【データ量を表す単位】

1バイト(B) 8ビット(もちろん、半角英数字1文字分)
1キロバイト(KB) 約1000バイト
1メガバイト(MB) 約1000キロバイト=100万バイト
1ギガバイト(GB) 約1000メガバイト=10億バイト
1テラバイト(TB) 約1000ギガバイト=1兆バイト
1ペタバイト(PB) 約1000テラバイト=1000兆バイト
エクサバイト(EB) 約1000ペタバイト=100京バイト

 

エクサバイトの次の単位は「ゼタバイト(ZB)」(1000エクサバイト)で、バイトに変換するととんでもない数字になります。しかし、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社「シスコシステムズ」が2015年5月に公表した分析によると、全世界のIPトラフィックの年間量は、2016年中にはゼタバイトの大台を超え、さらに、そのたった3年後の2019年には年間2ゼタバイトに達すると見込まれています。

今や一般的なコンパクトカメラで撮る写真1枚でさえ4MBほどにもなり、少し前に比べると随分大きな容量に感じますが、このままいくと、数十年後には、「メガバイト?そんな大きさでいったい何ができるんだい?」などという会話が聞かれるようになるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  2. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  3. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…

注目記事

  1. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

  2. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  3. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

アーカイブ

ページ上部へ戻る