メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位

メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位

デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思っていた単位より、さらに大きな単位が登場し、それは、専門家だけでなく、ごく日常に使われるコンピュータのレベルでも、目の当たりにします。

【データ量を表す単位】

1バイト(B) 8ビット(もちろん、半角英数字1文字分)
1キロバイト(KB) 約1000バイト
1メガバイト(MB) 約1000キロバイト=100万バイト
1ギガバイト(GB) 約1000メガバイト=10億バイト
1テラバイト(TB) 約1000ギガバイト=1兆バイト
1ペタバイト(PB) 約1000テラバイト=1000兆バイト
エクサバイト(EB) 約1000ペタバイト=100京バイト

 

エクサバイトの次の単位は「ゼタバイト(ZB)」(1000エクサバイト)で、バイトに変換するととんでもない数字になります。しかし、世界最大のコンピュータネットワーク機器開発会社「シスコシステムズ」が2015年5月に公表した分析によると、全世界のIPトラフィックの年間量は、2016年中にはゼタバイトの大台を超え、さらに、そのたった3年後の2019年には年間2ゼタバイトに達すると見込まれています。

今や一般的なコンパクトカメラで撮る写真1枚でさえ4MBほどにもなり、少し前に比べると随分大きな容量に感じますが、このままいくと、数十年後には、「メガバイト?そんな大きさでいったい何ができるんだい?」などという会話が聞かれるようになるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  2. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…
  3. SEO,Googleイメージ
    Googleは日々変化し続けています。 それは、「ユーザーが見たい情報にいち早く辿りつける検索…

注目記事

  1. 今注目の「IoT」とは?

    今注目の「IoT」とは?

  2. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る