ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

パソコンなどのデジタル機器において、文字や数字などのデータは2進数で扱っています。2進数の1桁をビット(bit)と呼び、これがデータを扱うときの最小単位となります。「bit」とは、「少し、ちょっと、少量、かけら」といった意味を持つ英語で、その語源は、「binary digit(2進数の1桁)」を合成したものと言われています。

1ビットは「0」と「1」の2通りですが、2ビットになると「00」「01」「10」「11」の4通りの数が表せることになります。つまり、ビット数を増やしていけば、扱える数が増えるわけです。

【ビットとデータ量】

ビット数 表せるデータ量
1ビット 2通り
2ビット 4通り
8ビット 256通り
16ビット 6万5536通り
32ビット 約43億通り
64ビット 約1.8.×10の19乗通り

 

さて、ビットだけでは、大きい数を扱う時に、とんでもない桁数になってしまって、ちょっと厄介ですよね。そこで、数ビットずつまとめた単位「バイト(Byte)」で表現します。1バイト=8ビットで、半角英数字1文字のサイズ。ちなみに、ひらがなや漢字などの全角1文字は、2バイトです。もちろん、デジタルは大容量化しているので、バイトだけでは表し切れませんので、さらに大きな単位も存在します。

【データ量を表す単位】

1バイト(B) 1ビット×8
1キロバイト(KB) 1バイト×1024
1メガバイト(MB) 1キロバイト×1024
1ギガバイト(GB) 1メガバイト×1024
1テラバイト(TB) 1ギガバイト×1024

 

なお、「ビット」も「バイト」もイニシャルは同じ「b」なので、省略する時は、ビットが「b」、バイトが「B」となります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…
  2. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…
  3. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…

注目記事

  1. CMSとはどんなシステム?のイメージ画像

    「CMS」とはどんなシステム?

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. 「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

    ページごとのアクセス数を知る方法

アーカイブ

ページ上部へ戻る