ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

パソコンなどのデジタル機器において、文字や数字などのデータは2進数で扱っています。2進数の1桁をビット(bit)と呼び、これがデータを扱うときの最小単位となります。「bit」とは、「少し、ちょっと、少量、かけら」といった意味を持つ英語で、その語源は、「binary digit(2進数の1桁)」を合成したものと言われています。

1ビットは「0」と「1」の2通りですが、2ビットになると「00」「01」「10」「11」の4通りの数が表せることになります。つまり、ビット数を増やしていけば、扱える数が増えるわけです。

【ビットとデータ量】

ビット数 表せるデータ量
1ビット 2通り
2ビット 4通り
8ビット 256通り
16ビット 6万5536通り
32ビット 約43億通り
64ビット 約1.8.×10の19乗通り

 

さて、ビットだけでは、大きい数を扱う時に、とんでもない桁数になってしまって、ちょっと厄介ですよね。そこで、数ビットずつまとめた単位「バイト(Byte)」で表現します。1バイト=8ビットで、半角英数字1文字のサイズ。ちなみに、ひらがなや漢字などの全角1文字は、2バイトです。もちろん、デジタルは大容量化しているので、バイトだけでは表し切れませんので、さらに大きな単位も存在します。

【データ量を表す単位】

1バイト(B) 1ビット×8
1キロバイト(KB) 1バイト×1024
1メガバイト(MB) 1キロバイト×1024
1ギガバイト(GB) 1メガバイト×1024
1テラバイト(TB) 1ギガバイト×1024

 

なお、「ビット」も「バイト」もイニシャルは同じ「b」なので、省略する時は、ビットが「b」、バイトが「B」となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 突然インターネット接続が切れた時の対処法3~モデムやルーター機器そのものを確認~
    “複数のデバイスやソフトでもインターネットに接続することができず”、“モデムやルーターの接続にも問題…
  2. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…
  3. PDCAイメージ
    インターネット上に限らず、あらゆるプロジェクトマネジメントで実践されている「PDCAサイクル」。目標…

注目記事

  1. 「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

    ページごとのアクセス数を知る方法

  2. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  3. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

    売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

アーカイブ

ページ上部へ戻る