コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは

コンテンツとはもともと「中身」という意味ですが、コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティングなのでしょうか。

今注目されているコンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値あるコンテンツの提供を続けることで興味を惹きつけ、商品購買を促し、顧客獲得に繋げていくマーケティング戦略のことです。ユーザーを潜在顧客から見込み客、さらには顧客、リピーターへと育てていきます。これには各プロセスで段階的なマーケティングが必要となり、各プロセスにおいて価値あるコンテンツを提供していくことになります。

このようなことから、コンテンツマーケティングは恋愛に似ていると言われます。例えば好きな人ができた時、相手が自分のことを知らないのにいきなり「付き合ってください」と言う人はいないでしょう。相手が自分を知らない場合は、まずは自分がどのような人間か知ってもらい、その上で自分を好きになってもらう努力をすることになるでしょう。コンテンツマーケティングもこれと同じで段階的に自分に興味を持ってもらい、自分のことを好きになってもらうことが極意です。

また、コンテンツマーケティングは世界的に注目されていてアメリカでは企業の9割が導入しているというほどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…
  2. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…
  3. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…

注目記事

  1. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

  2. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る