コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは

コンテンツとはもともと「中身」という意味ですが、コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティングなのでしょうか。

今注目されているコンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値あるコンテンツの提供を続けることで興味を惹きつけ、商品購買を促し、顧客獲得に繋げていくマーケティング戦略のことです。ユーザーを潜在顧客から見込み客、さらには顧客、リピーターへと育てていきます。これには各プロセスで段階的なマーケティングが必要となり、各プロセスにおいて価値あるコンテンツを提供していくことになります。

このようなことから、コンテンツマーケティングは恋愛に似ていると言われます。例えば好きな人ができた時、相手が自分のことを知らないのにいきなり「付き合ってください」と言う人はいないでしょう。相手が自分を知らない場合は、まずは自分がどのような人間か知ってもらい、その上で自分を好きになってもらう努力をすることになるでしょう。コンテンツマーケティングもこれと同じで段階的に自分に興味を持ってもらい、自分のことを好きになってもらうことが極意です。

また、コンテンツマーケティングは世界的に注目されていてアメリカでは企業の9割が導入しているというほどです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. アクセス解析サービス「Google Analytics」とは のイメージ画像
    Googleが提供するGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)は、とても高機能な…
  2. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  3. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…

注目記事

  1. 「サイバーとはどんな意味?」のイメージ画像

    「サイバー」とはどんな意味?

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る