コンテンツマーケティングとは

コンテンツマーケティングとは

コンテンツとはもともと「中身」という意味ですが、コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティングなのでしょうか。

今注目されているコンテンツマーケティングとは、ユーザーに価値あるコンテンツの提供を続けることで興味を惹きつけ、商品購買を促し、顧客獲得に繋げていくマーケティング戦略のことです。ユーザーを潜在顧客から見込み客、さらには顧客、リピーターへと育てていきます。これには各プロセスで段階的なマーケティングが必要となり、各プロセスにおいて価値あるコンテンツを提供していくことになります。

このようなことから、コンテンツマーケティングは恋愛に似ていると言われます。例えば好きな人ができた時、相手が自分のことを知らないのにいきなり「付き合ってください」と言う人はいないでしょう。相手が自分を知らない場合は、まずは自分がどのような人間か知ってもらい、その上で自分を好きになってもらう努力をすることになるでしょう。コンテンツマーケティングもこれと同じで段階的に自分に興味を持ってもらい、自分のことを好きになってもらうことが極意です。

また、コンテンツマーケティングは世界的に注目されていてアメリカでは企業の9割が導入しているというほどです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  2. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…
  3. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…

注目記事

  1. デジタルカメラの基礎知識を身につけたい時に役立つサイト5選

    デジタルカメラの基礎知識を身につけたい時に役立つサイト5選

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. ご存知てすか?Eメールの仕組み

    ご存知てすか?Eメールの仕組み

アーカイブ

ページ上部へ戻る