コンテンツマーケティングの、コンテンツの種類

コンテンツマーケティングの、コンテンツの種類

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツには様々な種類があります。

主なコンテンツには、各種記事、商品レビュー、著名人の推薦コメント、導入事例、商品カタログ、オンラインセミナー、インフォグラフィックス(インフォ+グラフィックで情報を視覚的に表すこと)、ホワイトペーパー(市場環境や技術動向、他社製品との比較などの情報をまとめた文書)などがあります。そして、これら各コンテンツにはそれぞれ特徴があります。

インフォグラフィックやホワイトペーパーは商品やサービスそのものの実態を紹介することで認知度を高める効果がありますし、商品レビューや著名人の推薦コメントなどはユーザーの購買意欲を感情的に刺激する役割があります。

このようにコンテンツにはたくさんの種類がありますが、Webマーケティングに取り組む際にこれら全てを最初から網羅する必要はありません。取り掛かりやすさなども考慮した上で現段階で効果が高そうなコンテンツから始めて、徐々に広げていくのもよいでしょう。ただ、その際もやみくもに手を付けるのではなくそれぞれのコンテンツの特性と目的を整理して、ユーザー、顧客にとって適したコンテンツを段階的に提供していくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. 「クラウドサービスに預けているデータが消えた!?」のイメージ画像
    レンタルサーバはインターネット上にWebサイトを公開したり、メールなどのデータを保管するなど他にも様…

注目記事

  1. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  2. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る