コンテンツマーケティングの、コンテンツの種類

コンテンツマーケティングの、コンテンツの種類

コンテンツマーケティングにおけるコンテンツには様々な種類があります。

主なコンテンツには、各種記事、商品レビュー、著名人の推薦コメント、導入事例、商品カタログ、オンラインセミナー、インフォグラフィックス(インフォ+グラフィックで情報を視覚的に表すこと)、ホワイトペーパー(市場環境や技術動向、他社製品との比較などの情報をまとめた文書)などがあります。そして、これら各コンテンツにはそれぞれ特徴があります。

インフォグラフィックやホワイトペーパーは商品やサービスそのものの実態を紹介することで認知度を高める効果がありますし、商品レビューや著名人の推薦コメントなどはユーザーの購買意欲を感情的に刺激する役割があります。

このようにコンテンツにはたくさんの種類がありますが、Webマーケティングに取り組む際にこれら全てを最初から網羅する必要はありません。取り掛かりやすさなども考慮した上で現段階で効果が高そうなコンテンツから始めて、徐々に広げていくのもよいでしょう。ただ、その際もやみくもに手を付けるのではなくそれぞれのコンテンツの特性と目的を整理して、ユーザー、顧客にとって適したコンテンツを段階的に提供していくことが大切です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「クラウドサービスに預けているデータが消えた!?」のイメージ画像
    レンタルサーバはインターネット上にWebサイトを公開したり、メールなどのデータを保管するなど他にも様…
  2. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…
  3. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…

注目記事

  1. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

  2. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  3. ブラウザイメージ

    「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

アーカイブ

ページ上部へ戻る