ウェブライティングで問われる情報リテラシー

「ウェブライティングで問われる情報リテラシー」のイメージ画像

自社のHPなどに文章を書いている企業のウェブ担当者も『情報リテラシー』を常に意識しなければなりません。

今や小中学生までもがスマートフォンやタブレット端末を駆使して、日々の情報を容易に手に入れることができる時代です。このような時代だからこそ、ウェブ担当者に求められるのは、単に情報を収集するというところに留まらず、膨大な情報の中から必要な情報を取捨選択し、収集・整理・活用する能力です。この能力を磨くためには、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などさまざまなメディアから発信される情報の役割や特性、影響力などを理解する力、『メディアリテラシー』も必要です。

メディアとは情報が流通する媒体のことです。一昔であれば、テレビ、ラジオ、新聞、雑誌などのマスメディア、手紙や電話などのパーソナルメディアを利用すれば事足りたのですが、現代ではパソコンやスマートフォンなどのメディアが一気に影響力を増してきました。ウェブ担当者は各メディアの特性を理解し『メディアリテラシー』を高めると共に、『情報リテラシー』も常に意識し、質の高いウェブライティングをすることが必要です。自社サイトによい文章を書くことが、サイトの閲覧者の信頼を勝ち得ていく秘訣でしょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…
  2. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…
  3. アクセス解析サービス「Google Analytics」とは のイメージ画像
    Googleが提供するGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)は、とても高機能な…

注目記事

  1. 大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

    大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

  2. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  3. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

アーカイブ

ページ上部へ戻る