「情報リテラシーとは」のイメージ画像

皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。

もともと「リテラシー(literacy)」とは、読み書きの能力、特定分野の技能・知識、素養といった意味を持ちます。

『情報リテラシー』とは狭義には“情報機器の基礎を理解し、操作する能力”、また“データを取り扱う能力”を指します。この場合は『コンピュータリテラシー』、『ITリテラシー』と同義語になります。

広義に捉えると『情報を活用する創造的能力』という意味になります。

現代社会ではPCやスマートフォンなどが普及し、ほとんどの人が情報機器の取り扱いができるようになっています。しかし、無限多数にある情報から、必要な情報を的確に収集し、整理して活用するには創造的、高度な能力が求められます。具体的には、

●情報や情報収集手段の特性、役割、影響について理解する能力
●目的に応じて適切に判断、評価、選択、発信できる能力

ということで、すなわち、情報を使いこなす能力ということになります。

また、学校で行われている“情報リテラシー教育”とは、後者の広義の情報リテラシーを指しています。メディアを使いこなす能力の『メディアリテラシー』と重複する部分があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. コンテンツマーケティングとは
    コンテンツとはもともと「中身」という意味ですが、コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティング…
  2. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  3. 「狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?」のイメージ画像
    インターネットの発達と共に、激しさを増しているサイバー攻撃。中でも、特定の組織を標的として、重要デー…

注目記事

  1. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  2. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  3. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る