「情報リテラシーとは」のイメージ画像

皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。

もともと「リテラシー(literacy)」とは、読み書きの能力、特定分野の技能・知識、素養といった意味を持ちます。

『情報リテラシー』とは狭義には“情報機器の基礎を理解し、操作する能力”、また“データを取り扱う能力”を指します。この場合は『コンピュータリテラシー』、『ITリテラシー』と同義語になります。

広義に捉えると『情報を活用する創造的能力』という意味になります。

現代社会ではPCやスマートフォンなどが普及し、ほとんどの人が情報機器の取り扱いができるようになっています。しかし、無限多数にある情報から、必要な情報を的確に収集し、整理して活用するには創造的、高度な能力が求められます。具体的には、

●情報や情報収集手段の特性、役割、影響について理解する能力
●目的に応じて適切に判断、評価、選択、発信できる能力

ということで、すなわち、情報を使いこなす能力ということになります。

また、学校で行われている“情報リテラシー教育”とは、後者の広義の情報リテラシーを指しています。メディアを使いこなす能力の『メディアリテラシー』と重複する部分があります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  2. SEO,Googleイメージ
    Googleは日々変化し続けています。 それは、「ユーザーが見たい情報にいち早く辿りつける検索…
  3. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…

注目記事

  1. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  2. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

    売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

  3. 「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

    ページごとのアクセス数を知る方法

アーカイブ

ページ上部へ戻る