ウェブ上でよく使われる3種類の画像ファイルを使い分けよう

「ウェブ上でよく使われる3種類の画像ファイルを使い分けよう」のイメージ画像

ブログやSNS、オフィシャルサイトなど、ウェブ上で使用する画像ファイルは主に3種類あります。それぞれの特徴をよく理解して、用途に合わせて使い分けをしましょう。

<JPEG>
拡張子は、「.jpg」。最も一般的な形式です。写真の明るさや色相のわずかな違いが保持されるため、写真の保存に最適といえます。圧縮してサイズを小さくすることが可能ですが、一度圧縮すると元に戻せない上に、上書き保存を繰り返すと画質が劣化していくので、圧縮や加工をする場合は元画像も保存しておくことをおすすめします。
<PNG>
拡張子は、「.png」。JPEG同様、写真の保存に適した形式ですが、画像に透明部分が含まれている場合などはPNGを使用したほうがいいでしょう。ただし、背景を透過させることができるPNGの利便性は高いのですが、同じ画像のJPEGファイルよりサイズがかなり大きくなってしまうので気を付けましょう。ブログなど、できるだけたくさんの人に見てほしい場合で、透過部分のない写真であればJPEGで保存しておくほうが良いかもしれません。
<GIF>
拡張子は、「.gif」。写真よりも、ロゴやイラスト、テキストを表現するのに適したファイル形式です。アニメーション画像にはよく使われています。

3つのファイル形式、ご理解いただけましたでしょうか。ウェブ上で公開する以上、より良い状態でたくさんの人に見てもらえるよう、画像の保存やアップロード時の状態などにも気を配りましょう。ちょっとした配慮で、アクセス数はまだまだ伸ばせるかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…

注目記事

  1. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

  2. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  3. 大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

    大きなファイルはファイル転送サービスかオンラインストレージサービスで

アーカイブ

ページ上部へ戻る