「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

日本国内でも特定の組織をターゲットにした深刻な標的型サイバー攻撃が増加していることを受け、被害拡大防止のため経済産業省の協力を得てサイバーレスキュー隊「J-CRAT(ジェイ・クラート)」が発足しました。
IPA J-CRAT/標的型サイバー攻撃特別相談窓口

J-CRATでは“標的型サイバー攻撃の特別相談窓口”を設置し、専門的な知識を有するスタッフが標的型攻撃を受けた際に相談に応じています。万が一、標的型攻撃メールを受け取った場合は“標的型サイバー攻撃の特別相談窓口”へ相談するようにしましょう。相談する場合は
●いつ届いたか
●メールの件名、添付ファイル名、本文
●使用しているセキュリティ対策ソフト
●使用しているハードウェア
●被害の状況
などを整理しておくと、スムーズに進むようです。(さらに詳しい項目はJ-CRATのサイトに記載)

J-CRATに相談することで、自組織の被害拡大を防ぐとともに、情報提供を行うことで攻撃手口や実態の把握・分析に協力することができます。標的型攻撃メールは個々に送られるため、情報を共有することが重要です。一つ一つの事象を集約、分析することで攻撃の傾向や手口を割り出し、同じパターンの攻撃被害を未然に防止することに役立てます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…
  2. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…
  3. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…

注目記事

  1. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  2. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  3. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る