「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

日本国内でも特定の組織をターゲットにした深刻な標的型サイバー攻撃が増加していることを受け、被害拡大防止のため経済産業省の協力を得てサイバーレスキュー隊「J-CRAT(ジェイ・クラート)」が発足しました。
IPA J-CRAT/標的型サイバー攻撃特別相談窓口

J-CRATでは“標的型サイバー攻撃の特別相談窓口”を設置し、専門的な知識を有するスタッフが標的型攻撃を受けた際に相談に応じています。万が一、標的型攻撃メールを受け取った場合は“標的型サイバー攻撃の特別相談窓口”へ相談するようにしましょう。相談する場合は
●いつ届いたか
●メールの件名、添付ファイル名、本文
●使用しているセキュリティ対策ソフト
●使用しているハードウェア
●被害の状況
などを整理しておくと、スムーズに進むようです。(さらに詳しい項目はJ-CRATのサイトに記載)

J-CRATに相談することで、自組織の被害拡大を防ぐとともに、情報提供を行うことで攻撃手口や実態の把握・分析に協力することができます。標的型攻撃メールは個々に送られるため、情報を共有することが重要です。一つ一つの事象を集約、分析することで攻撃の傾向や手口を割り出し、同じパターンの攻撃被害を未然に防止することに役立てます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  2. アクセス解析サービス「Google Analytics」とは のイメージ画像
    Googleが提供するGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)は、とても高機能な…
  3. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…

注目記事

  1. 「サイバーとはどんな意味?」のイメージ画像

    「サイバー」とはどんな意味?

  2. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る