標的型攻撃メールの対策

「標的型攻撃メールの対策」のイメージ画像

大手企業や組織から重要な情報が漏洩して世間を賑わせる事件が相次ぎますが、標的型攻撃メールは対岸の火事ではありません。明日は我が身、備えが大切です。

では具体的にどうすれば?
5つのポイントをご紹介します。

  1. 迷惑メール対策は必須
    まずは迷惑メール対策をきちんと行うこと。完全ではありませんが、一定の効果が得られると言われています。セキュリティソフトなどは常にアップデートして最新の状態にしておきましょう。
  2. 標的型攻撃メールが疑われるメールを開かない
    件名や本文の内容が不自然なメールは開かないこと。送信元が知り合いであっても、おかしなメールが届いた時は、送信者に確認します。また、不自然なメールは、たとえ興味がある内容であっても開かないようにします。
  3. 標的型攻撃メールを組織の皆に開かせない
    組織のたった一人が標的型攻撃メールを開いてしまったために、甚大な被害に遭わないように、組織全員の意識を高め、標的型攻撃メールを開かないよう教育を徹底します。
  4. 標的型攻撃メールを開封したらシステム管理者にすぐに報告します。もちろん、添付ファイルは開かない、URLはクリックしないのが鉄則です。
  5. 機密情報の取り扱いに注意
    機密情報へのアクセスは普段から制御する、保護するための鍵をかけいおくなどの対策をしておくことも重要です。
  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. アクセス解析サービス「Google Analytics」とは のイメージ画像
    Googleが提供するGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)は、とても高機能な…
  2. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…
  3. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…

注目記事

  1. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  2. ご存知てすか?Eメールの仕組み

    ご存知てすか?Eメールの仕組み

  3. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

アーカイブ

ページ上部へ戻る