標的型攻撃メールの特徴

「標的型攻撃メールの特徴」のイメージ画像

不特定多数ではなく、特定の組織や個人を狙う標的型サイバー攻撃。中でもメールを使った攻撃を『標的型攻撃メール』と呼んでいます。

一般的によく送られてくる迷惑メールも添付ファイルを開くことでウィルス感染したり、特定のウェブサイトに誘導し、ウィルス感染するなどの攻撃を行いますが、『標的型攻撃メール』もこれと同様の攻撃が仕掛けられます。『標的型攻撃メール』の特徴は、相手も攻撃する相手を研究しているので、件名や本文もあたかも正当な業務用のメールと見せかけることです。そのため、受信者が騙されやすいような作りになっています。時には、受信者の上司や同僚、取引先を詐称するケースなどもあり、うっかり騙されてしまうことこもあるようです。

その他には自社製品のクレームメールを装ったり、就活中の学生を装い、何回かメールの問い合わせをし、相手を信用させてから不正プログラム付の添付ファイルを送りつける『やりとり型の標的型メール攻撃』も増加しています。

このように年々手口がより巧妙になっていく『標的型攻撃メール』ですが、ウィルス対策ソフトでは検出されないものも多いので、添付ファイルは容易に開かない、リンク先に安易に移動しないなど、基本的な注意を守ることが大切です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…
  2. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  3. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…

注目記事

  1. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

  2. 「SNS公式アカウントが乗っ取られたら」のイメージ画像

    SNS公式アカウントが乗っ取られたら

  3. 著作権注意イメージ

    その書き込み、大丈夫?気軽なコピペが法律違反になる前に知っておきたい著作権のこと

アーカイブ

ページ上部へ戻る