「サイバー」とはどんな意味?

「サイバーとはどんな意味?」のイメージ画像

「サイバー攻撃」や「サイバーショップ」など、しばしば耳にする「cyber(サイバー)」。「cyber」は英語の形容詞で、「コンピューター・ネットワークの」「コンピューター・ネットワークを利用した」といった意味があります。

語源は第二次世界大戦後に提唱された学問分野の一つ「サイバネティクス(cybernetics)」。サイバネティクスとは、通信工学と制御工学を融合し、生理学、機械工学、システム工学を統一的に扱うことを意図して作られた学問です。

「サイバー」は「サイバー攻撃」のように、接頭語のように使われることが多く、「インターネットが形成する情報空間(サイバースペース)に関連した」という意味でよく使用されます。「電脳」と訳されることもあります。

「サイバー攻撃」とは、コンピューターネットワークを利用して不正侵入し、データを盗む、もしくは改ざん/破壊する、といった行為。中でも大規模で影響が甚大で深刻なものや、政治的・社会的混乱を目的に行われるものは「サイバーテロ」と呼ばれます。

他にも「サイバー戦争」「サイバー犯罪」などマイナスイメージの言葉を多く目にしますが、「サイバーショップ」「サイバーモール」「サイバー大学」など、負をイメージしない普通の言葉もたくさんあります。

この記事は主に以下のリンク先を参考にしました。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. 「クラウドサービスに預けているデータが消えた!?」のイメージ画像
    レンタルサーバはインターネット上にWebサイトを公開したり、メールなどのデータを保管するなど他にも様…

注目記事

  1. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

  2. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  3. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

アーカイブ

ページ上部へ戻る