ウチのサイトの利用者、PC派?スマホ派?

「ウチのサイトの利用者、PC派?スマホ派?」のイメージ画像

近年、スマートフォン(スマホ)やタブレットといったモバイル端末の普及が加速化しています。当然、、パソコン(PC)以外のモバイル端末からサイトにアクセスし、閲覧しているユーザも急増しています。ユーザの環境が変化してきているのに、それを無視したサイト作りをしていては、アクセス数の減少という事態を引き起こしかねないと言えます。
そこで、これまでPC向けに作成してきたサイトをスマホやタブレットでも見やすいレイアウトに改変するべきかどうか判断するために、PCユーザーとモバイルユーザーの割合などを分析するのが有効です。

Google Analyticsでは、ログイン後、レポート→ユーザー→モバイル→サマリーの手順で確認できます。

Google Analytics画面イメージ

画面上には、desktop(PC)、mobile(スマホ)、tablet(タブレット)といったアクセス端末におけるそれぞれのセッション・新規セッション率、新規ユーザー、直帰率、ページ/セッション、平均セッション時間などが一覧となっています。 たとえば、スマホのセッション数の割に、PCからのアクセスより直帰率が高いなどのデータが見受けられれば、スマホでは見づらいからユーザーが早々にサイトから立ち去ってしまっているのではないか、分析することができ、スマホ向けにページの改変が有効と推測できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「きれいすぎて、ごめんなさい!?その画像、迷惑じゃない?」のイメージ画像
    せっかくうまく撮れた写真だから、できるだけ高画質でみんなに見て欲しい…。 ワンランク上のカメラをや…
  2. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  3. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…

注目記事

  1. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  2. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

  3. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

アーカイブ

ページ上部へ戻る