ウチのサイトの利用者、PC派?スマホ派?

「ウチのサイトの利用者、PC派?スマホ派?」のイメージ画像

近年、スマートフォン(スマホ)やタブレットといったモバイル端末の普及が加速化しています。当然、、パソコン(PC)以外のモバイル端末からサイトにアクセスし、閲覧しているユーザも急増しています。ユーザの環境が変化してきているのに、それを無視したサイト作りをしていては、アクセス数の減少という事態を引き起こしかねないと言えます。
そこで、これまでPC向けに作成してきたサイトをスマホやタブレットでも見やすいレイアウトに改変するべきかどうか判断するために、PCユーザーとモバイルユーザーの割合などを分析するのが有効です。

Google Analyticsでは、ログイン後、レポート→ユーザー→モバイル→サマリーの手順で確認できます。

Google Analytics画面イメージ

画面上には、desktop(PC)、mobile(スマホ)、tablet(タブレット)といったアクセス端末におけるそれぞれのセッション・新規セッション率、新規ユーザー、直帰率、ページ/セッション、平均セッション時間などが一覧となっています。 たとえば、スマホのセッション数の割に、PCからのアクセスより直帰率が高いなどのデータが見受けられれば、スマホでは見づらいからユーザーが早々にサイトから立ち去ってしまっているのではないか、分析することができ、スマホ向けにページの改変が有効と推測できます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 今やインターネットなしでは生活できないと言っても過言でない時代。お父さんが趣味で使うノートパソコン、…
  2. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  3. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…

注目記事

  1. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  2. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る