SNS公式アカウントが乗っ取られたら

「SNS公式アカウントが乗っ取られたら」のイメージ画像

今の時代、多くの企業や有名人もTwitterやFacebookなどのSNSで公式アカウントを作り、情報発信をしています。

しかし、このSNSアカウントが何者かに乗っ取られ、意図に反する行為が行われることがあります。これが、『アカウントの乗っ取り』、『アカウントハック』と呼ばれるものです。

2012年には人気のゆるキャラがTwitterアカウントが乗っとられ、プロフィールが勝手に書き換えられる、ネガティブなツイートがお気に入り登録されるなどの被害があり話題になりました。

乗っ取りの被害にあったら

乗っ取られたことに気づいたら、まずアカウントの早期復旧に努めるべきです。また、同時に自社のホームページなどでアカウント乗っ取りの事実、状況を告知し、注意喚起を促しましょう。その後、アカウントが回復できたのならばその報告を、残念ながらアカウント回復不可能で、新アカウントを作成した場合は、そちらに移行することを告知します。乗っ取りの時間がたとえ一時的なものであったとしても、閲覧者の混乱を避けるために告知をするようにしましょう。

乗っ取りを防止するには、ユーザーIDやパスワードなどの適切な管理が重要です。ですから、SNSで公式アカウントを作る場合には、運用ルールを明確に決めておくことが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…
  2. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  3. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…

注目記事

  1. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

  2. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る