SNS公式アカウントが乗っ取られたら

「SNS公式アカウントが乗っ取られたら」のイメージ画像

今の時代、多くの企業や有名人もTwitterやFacebookなどのSNSで公式アカウントを作り、情報発信をしています。

しかし、このSNSアカウントが何者かに乗っ取られ、意図に反する行為が行われることがあります。これが、『アカウントの乗っ取り』、『アカウントハック』と呼ばれるものです。

2012年には人気のゆるキャラがTwitterアカウントが乗っとられ、プロフィールが勝手に書き換えられる、ネガティブなツイートがお気に入り登録されるなどの被害があり話題になりました。

乗っ取りの被害にあったら

乗っ取られたことに気づいたら、まずアカウントの早期復旧に努めるべきです。また、同時に自社のホームページなどでアカウント乗っ取りの事実、状況を告知し、注意喚起を促しましょう。その後、アカウントが回復できたのならばその報告を、残念ながらアカウント回復不可能で、新アカウントを作成した場合は、そちらに移行することを告知します。乗っ取りの時間がたとえ一時的なものであったとしても、閲覧者の混乱を避けるために告知をするようにしましょう。

乗っ取りを防止するには、ユーザーIDやパスワードなどの適切な管理が重要です。ですから、SNSで公式アカウントを作る場合には、運用ルールを明確に決めておくことが不可欠です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…
  2. 突然インターネット接続が切れた時の対処法3~モデムやルーター機器そのものを確認~
    “複数のデバイスやソフトでもインターネットに接続することができず”、“モデムやルーターの接続にも問題…
  3. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…

注目記事

  1. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  2. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る