データを人質にする、ランサムウェア

「データを人質にする、ランサムウェア」のイメージ画像

今、日本国内でも身代金要求ウィルス=ランサムウェアが広まっていることをご存知でしょうか?

ランサム(ransom)は身代金という意味。
コンピュータのデータを勝手に暗号化して読めないようにしてしまい、元に戻す為にお金を支払えと要求するウィルスです。いわば、データを人質にするという訳です。

2015年7月にはJR東日本の子会社がこのランサムウェアの被害に遭ったことでも話題になりました。お金を支払えと脅してくるので、お金を払えばデータが元に戻ると思ったら、大間違い。その保証はありません。ですから、ランサムウェアの被害に遭っても、お金を支払わないようにすることが鉄則です。もしも悪い相手にお金を支払ってしまったら、犯罪を助長することにもなりかねません。

では、ランサムウェアの被害に遭わない為にはどうすればよいのでしょうか?

JR東日本の子会社の場合は同社の社員があるホームページを閲覧し、ウィルス感染したことが原因でした。ですから、ウィルス対策ソフトを導入し、ウィルス感染防止をするようにします。また、重要なデータやファイルはまめにバックアップすることも大切。Dropboxなどのクラウドサービスを使用したり、ネットワークから隔離されたところでバックアップもしておきましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ビジョンイメージ
    コーポレートサイトとは、企業の事業内容や基本理念、サービス・商品などを総合的に伝えるインターネットサ…
  2. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  3. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…

注目記事

  1. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  2. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る