データを人質にする、ランサムウェア

「データを人質にする、ランサムウェア」のイメージ画像

今、日本国内でも身代金要求ウィルス=ランサムウェアが広まっていることをご存知でしょうか?

ランサム(ransom)は身代金という意味。
コンピュータのデータを勝手に暗号化して読めないようにしてしまい、元に戻す為にお金を支払えと要求するウィルスです。いわば、データを人質にするという訳です。

2015年7月にはJR東日本の子会社がこのランサムウェアの被害に遭ったことでも話題になりました。お金を支払えと脅してくるので、お金を払えばデータが元に戻ると思ったら、大間違い。その保証はありません。ですから、ランサムウェアの被害に遭っても、お金を支払わないようにすることが鉄則です。もしも悪い相手にお金を支払ってしまったら、犯罪を助長することにもなりかねません。

では、ランサムウェアの被害に遭わない為にはどうすればよいのでしょうか?

JR東日本の子会社の場合は同社の社員があるホームページを閲覧し、ウィルス感染したことが原因でした。ですから、ウィルス対策ソフトを導入し、ウィルス感染防止をするようにします。また、重要なデータやファイルはまめにバックアップすることも大切。Dropboxなどのクラウドサービスを使用したり、ネットワークから隔離されたところでバックアップもしておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  2. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…
  3. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…

注目記事

  1. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

  2. ご存知てすか?Eメールの仕組み

    ご存知てすか?Eメールの仕組み

  3. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

アーカイブ

ページ上部へ戻る