ページごとのアクセス数を知る方法

「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

ウェブサイトを運営していると、訪問者数は気になるところ。さらに一歩進んで、一体どのページがよく閲覧されているのか、何人くらい訪問していて、どれくらいじっくり見てくれているのか、というところまで気になってくるものです。
そこで、お役立ちツールは、やはり、アクセス解析サービスのGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)。
以下の場所を見ると、サイト内のページごとのデータが分かります。

・Google Analyticsにログイン→レポート→行動→サイトコンテンツ→すべてのページ

Google Analyticsのイメージ画像

この画面では、ページビュー数、ページ別訪問者数、平均ページ滞在時間などがわかります。また、それぞれのデータを降順・昇順で並べ替えることができるので、詳細な分析も可能です。
ここでおさらいしておきますが、ページビュー数とは、ページが表示される回数で、そのページを見ていたユーザーが一度違うページを見てから再度戻った場合、ページビュー数は1カウント増える、ということですね。

なお、この画面の表上部にある「プライマリ ディメンション」が「ページ」となっている場合は、ページがURLで表示されますが、「ページタイトル」とすると、タイトルタグ(サイト運営者が設定したページごとの題名)で表示されます。Google Analyticsの初期設定では、「ページ」設定となっているので、適宜変更してください。

※上記の方法は、Google Analyticsのトラッキングコードが適切に設定してあるサイトでのみ有効です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…
  2. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…
  3. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…

注目記事

  1. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

  2. 「なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか」のイメージ画像

    なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか?

  3. ブラウザイメージ

    「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

アーカイブ

ページ上部へ戻る