ページごとのアクセス数を知る方法

「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

ウェブサイトを運営していると、訪問者数は気になるところ。さらに一歩進んで、一体どのページがよく閲覧されているのか、何人くらい訪問していて、どれくらいじっくり見てくれているのか、というところまで気になってくるものです。
そこで、お役立ちツールは、やはり、アクセス解析サービスのGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)。
以下の場所を見ると、サイト内のページごとのデータが分かります。

・Google Analyticsにログイン→レポート→行動→サイトコンテンツ→すべてのページ

Google Analyticsのイメージ画像

この画面では、ページビュー数、ページ別訪問者数、平均ページ滞在時間などがわかります。また、それぞれのデータを降順・昇順で並べ替えることができるので、詳細な分析も可能です。
ここでおさらいしておきますが、ページビュー数とは、ページが表示される回数で、そのページを見ていたユーザーが一度違うページを見てから再度戻った場合、ページビュー数は1カウント増える、ということですね。

なお、この画面の表上部にある「プライマリ ディメンション」が「ページ」となっている場合は、ページがURLで表示されますが、「ページタイトル」とすると、タイトルタグ(サイト運営者が設定したページごとの題名)で表示されます。Google Analyticsの初期設定では、「ページ」設定となっているので、適宜変更してください。

※上記の方法は、Google Analyticsのトラッキングコードが適切に設定してあるサイトでのみ有効です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  2. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  3. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…

注目記事

  1. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

  2. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る