ページごとのアクセス数を知る方法

「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

ウェブサイトを運営していると、訪問者数は気になるところ。さらに一歩進んで、一体どのページがよく閲覧されているのか、何人くらい訪問していて、どれくらいじっくり見てくれているのか、というところまで気になってくるものです。
そこで、お役立ちツールは、やはり、アクセス解析サービスのGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)。
以下の場所を見ると、サイト内のページごとのデータが分かります。

・Google Analyticsにログイン→レポート→行動→サイトコンテンツ→すべてのページ

Google Analyticsのイメージ画像

この画面では、ページビュー数、ページ別訪問者数、平均ページ滞在時間などがわかります。また、それぞれのデータを降順・昇順で並べ替えることができるので、詳細な分析も可能です。
ここでおさらいしておきますが、ページビュー数とは、ページが表示される回数で、そのページを見ていたユーザーが一度違うページを見てから再度戻った場合、ページビュー数は1カウント増える、ということですね。

なお、この画面の表上部にある「プライマリ ディメンション」が「ページ」となっている場合は、ページがURLで表示されますが、「ページタイトル」とすると、タイトルタグ(サイト運営者が設定したページごとの題名)で表示されます。Google Analyticsの初期設定では、「ページ」設定となっているので、適宜変更してください。

※上記の方法は、Google Analyticsのトラッキングコードが適切に設定してあるサイトでのみ有効です。

関連記事

ピックアップ記事

  1. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…
  2. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  3. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…

注目記事

  1. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  2. 「気になる!サイトの訪問者数はどうやって調べる?」のイメージ画像

    気になる!サイトの訪問者数はどうやって調べる?

  3. 著作権注意イメージ

    その書き込み、大丈夫?気軽なコピペが法律違反になる前に知っておきたい著作権のこと

アーカイブ

ページ上部へ戻る