サイト訪問者の検索ワードを知る方法

「サイト訪問者の検索ワードを知る方法」のイメージ画像

何か気になる言葉を見聞きすると、今や多くの人が次に起こすアクションは、「ネットで検索」。つまり、貴方が運営するサイトに訪れるユーザーも、何かしらのキーワードがきっかけであることが多い、ということになります。

であれば、訪問者が貴方のサイトにたどり着いた「キーワード」を知ることは、サイト運営上、とても役立つのではないでしょうか。

何が知りたくて、何を探求したくて自分のサイトを利用してくれるのかを知れば、より充実したコンテンツを増やすことが可能となり、結果、有用なサイトには、自ずと訪問者が増えることになるからです。

そこで、検索ワードの解析に役立つのが、Google Analytics(グーグル アナリティクス)です。手順は、2通り。

  1. Google Analyticsにログイン→レポート→集客→すべてのトラフィック→参照元/メディアと進み、ここで、画面上の表の上部にある「プライマリ ディメンション」を「キーワード」にする。
  2. Google Analyticsにログイン→レポート→集客→キャンペーン→オーガニック検索トラフィックと進んでも、確認できます。

Google Analytics画面イメージ

いずれの方法でも、検索ワードごとに、新規の訪問者数、新規のユーザー数など、様々なデータが提示されます。

ただ最近では、検索内容や検索結果を暗号化して他人に見られないようにして検索するSSL(Secure Sockets Layer)検索を導入していて、Google Analyticsで検索キーワードが判明しない流入が多くなってきています。今のところ、Googleサーチコンソールを連携させると、キーワードを類推することができるようです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 突然インターネット接続が切れた時の対処法3~モデムやルーター機器そのものを確認~
    “複数のデバイスやソフトでもインターネットに接続することができず”、“モデムやルーターの接続にも問題…
  2. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  3. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…

注目記事

  1. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  2. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る