ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

企画の方向性を示し、企画の根幹となる考え方である「コンセプト」。ウェブサイトを制作する上で骨組みとなるとても重要な部分で、ウェブサイトを立ち上げるにあたっては、このコンセプトを作ることがとても重要です。

コンセプトがしっかり決まっていると、制作の過程で迷ったりつまづいたりなど何らかの問題が生じても、コンセプトに立ち返って考えることで解決しやすくなります。逆に、コンセプトがきちんと決まっていないと、企画やデザインの方向性が定まらず、一貫性や訴求力のない、ユーザにとって分かりにくいサイトになってしまいかねません。

コンセプトメイキングにおいては、まずサイトで扱う商品やサービスについて理解すること。発注側であるサイトオーナーは、自社の理念や取り扱い商品・サービス等を制作側がきちんと理解できるよう、良質な情報をできるだけ提供する必要があります。制作側も商品やサービスの理解を十分に深めてからコンセプトを決めます。

コンセプトが決まったら、それを一言で表現できるキャッチコピーもできればこの段階で決めましょう。コンセプトとキャッチコピーには、関わる人の意識を統一するための重要な役割もあります。発注側はもちろん、制作側もサイト制作に携わるできるだけ多くのメンバーで共有しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ビジョンイメージ
    コーポレートサイトとは、企業の事業内容や基本理念、サービス・商品などを総合的に伝えるインターネットサ…
  2. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  3. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…

注目記事

  1. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

  2. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  3. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

アーカイブ

ページ上部へ戻る