ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

企画の方向性を示し、企画の根幹となる考え方である「コンセプト」。ウェブサイトを制作する上で骨組みとなるとても重要な部分で、ウェブサイトを立ち上げるにあたっては、このコンセプトを作ることがとても重要です。

コンセプトがしっかり決まっていると、制作の過程で迷ったりつまづいたりなど何らかの問題が生じても、コンセプトに立ち返って考えることで解決しやすくなります。逆に、コンセプトがきちんと決まっていないと、企画やデザインの方向性が定まらず、一貫性や訴求力のない、ユーザにとって分かりにくいサイトになってしまいかねません。

コンセプトメイキングにおいては、まずサイトで扱う商品やサービスについて理解すること。発注側であるサイトオーナーは、自社の理念や取り扱い商品・サービス等を制作側がきちんと理解できるよう、良質な情報をできるだけ提供する必要があります。制作側も商品やサービスの理解を十分に深めてからコンセプトを決めます。

コンセプトが決まったら、それを一言で表現できるキャッチコピーもできればこの段階で決めましょう。コンセプトとキャッチコピーには、関わる人の意識を統一するための重要な役割もあります。発注側はもちろん、制作側もサイト制作に携わるできるだけ多くのメンバーで共有しましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…
  2. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…
  3. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…

注目記事

  1. 「SNS公式アカウントが乗っ取られたら」のイメージ画像

    SNS公式アカウントが乗っ取られたら

  2. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  3. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る