ウェブサイトの「真の検索順位」が知りたいときは

「その検索結果、「本当の」検索結果ではないかも!?」のイメージ画像

検索する人に合わせた検索結果を表示する「パーソナライズド検索」。この機能がある限り、「真の検索順位」を知ることは不可能なのでしょうか。

いいえ、そんなことはありません。
「パーソナライズド検索」の影響を全く受けないようにするのは困難ですが、 「Googleアカウントからログアウトする」「ブラウザ閲覧履歴やCookieなどを削除」「ブラウザのプライベートブラウジング機能(匿名での閲覧)を使う方法」などで、ある程度影響を受けないようにすることは可能です。

プライベートブラウジング機能を使う方法はブラウザによって異なり、例えば、以下のようなショートカットで簡単に使えるようになります。

※いずれもWindowsの場合。Macのユーザーは、[Ctrl]が[command]キーに置き換えて入力してください。

「パーソナライズド検索」機能の影響を受けない検索結果を確認したいのであれば、普段自分に便利なようにGoogleアカウントにログインしながら使うブラウザと、常にGoogleアカウントにログインすることなく、閲覧履歴やCookieも残さず、プライベートブラウジングで使うブラウザ、などと複数のブラウザを使い分けるのがおすすめです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…
  2. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…
  3. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…

注目記事

  1. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

  2. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る