企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

企業サイトには、主に4つの役割があります。
まず1つ目は、「企業理念」を示すこと。
あとの3つは会社の商品やサービス、会社概要などの「企業情報」、株主や投資家に向けた「IR」、また優秀な人材を確保するための「採用情報」を示すことです。

しかし、企業サイトを制作する時は発信する企業側の独りよがりではいけません。サイトを見るユーザーにとってわかりやすく、使いやすくサイトを設計する必要があります。
では、具体的にはどのようにすればよいのでしょうか。押さえておきたいポイントが6つあります。

  • 最新情報をいち早く、スムーズに掲載できるような更新プログラムを導入する
  • サイトの導線をわかりやすくし、ボタンも押しやすいよう表示する
  • サイト全体、ページのレイアウトがわかりやすいようにコンテンツをしっかり整理する
  • ユーザの目的を想定してコンテンツを制作する(企業側の目的とユーザーの目的を合致させる)
  • ホーム、各ページ冒頭では画像などを効果的に使い、少ない文字で伝えたい情報をシンプルに的確に伝える
  • サイト全体を通して、企業ビジョンを反映させる

以上のような工夫を実践することで、企業側とサイトを訪れるユーザ、双方が目的を達成できるようなサイトを制作することが理想です。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…
  2. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…
  3. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…

注目記事

  1. デジタルカメラの基礎知識を身につけたい時に役立つサイト5選

    デジタルカメラの基礎知識を身につけたい時に役立つサイト5選

  2. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  3. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る