様々なデバイスに対応する「レスポンシブWebデザイン」

「様々なデバイスに対応するレスポンシブWebデザイン」のイメージ画像

近年の情報機器の発達は目覚ましいものがあり、Webサイトもパソコンだけでなく、スマートフォンやタブレット端末など様々なデバイスで閲覧する人が増えてきました。このような状況を踏まえるとWebサイトの運営側も様々な機器から利用できるようマルチデバイス化することは必須です。

検索サービス最大手のGoogle20154月からスマホ対応のWebサイトをモバイルフレンドリーとして評価を始めモバイル検索でのランキング指標として導入し始めました。

様々なデバイスに対応するには、(1)デバイス毎にHTMLを用意する方法と、(2)サーバーからどのデバイスにも同じHTMLコードを配信し、CSSを使用してレイアウトデザインを調整するレスポンシブWebデザインとがあります。

レスポンシブWebデザインを取り入れれば、運営側はコンテンツ管理などのメンテナンスも、デバイス毎にHTMLを用意するよりも容易となる上に、ユーザーにとってはデバイス毎にURLが異なることなく、1つになるので利便性も高くなります。

いいことずくめなようなレスポンシブWebデザインですがデメリットもあり、デバイス毎の細やかな配慮がしにくい、制作の段階で設計やデザインなど、より慎重に行わなければいけないという点があげられます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. アクセス解析サービス「Google Analytics」とは のイメージ画像
    Googleが提供するGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)は、とても高機能な…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. 「狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?」のイメージ画像
    インターネットの発達と共に、激しさを増しているサイバー攻撃。中でも、特定の組織を標的として、重要デー…

注目記事

  1. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  2. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る