Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

メタキーワードイメージ

「metaタグ」とは、クローラーやウェブブラウザにサイトの内容や付加情報を知らせる為に使用するタグのことで、当該ページについての説明、当該ページを作った日など様々な情報を入れることができます。「meta keywords」はその1つで、キーワードを入れることができ、検索エンジンが情報を収集するのに利用していました。

2009年9月「Googleは、meta keywordsを検索順位を決める要因としては、利用していない」ということをウェブマスター向けオフィシャルブログで伝えました。コンテンツに無関係なキーワードを記述して検索結果の上位に表示しようとするような、不正な利用方法が横行したためです。

Googleがmeta keywordsを利用しないのであれば、SEO対策としてこれに力を入れる必要はありません。

しかし、ウェブサイトの制作や運営においては、キーワードを記載することが有効である場合もあるでしょう。また万が一将来的にGoogleがmeta keywordsを反映させることになった時にも、meta keywordsが予め記載されていれば、わざわざキーワードを入れなくてもすみます。

Google以外の検索エンジンの中にはmeta keywordsを利用しているものもあるので、meta keywordsを記述しておくことは、損ではないでしょう。

参考
Google Webmaster Central Blog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  2. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  3. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…

注目記事

  1. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

  2. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  3. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

アーカイブ

ページ上部へ戻る