Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

メタキーワードイメージ

「metaタグ」とは、クローラーやウェブブラウザにサイトの内容や付加情報を知らせる為に使用するタグのことで、当該ページについての説明、当該ページを作った日など様々な情報を入れることができます。「meta keywords」はその1つで、キーワードを入れることができ、検索エンジンが情報を収集するのに利用していました。

2009年9月「Googleは、meta keywordsを検索順位を決める要因としては、利用していない」ということをウェブマスター向けオフィシャルブログで伝えました。コンテンツに無関係なキーワードを記述して検索結果の上位に表示しようとするような、不正な利用方法が横行したためです。

Googleがmeta keywordsを利用しないのであれば、SEO対策としてこれに力を入れる必要はありません。

しかし、ウェブサイトの制作や運営においては、キーワードを記載することが有効である場合もあるでしょう。また万が一将来的にGoogleがmeta keywordsを反映させることになった時にも、meta keywordsが予め記載されていれば、わざわざキーワードを入れなくてもすみます。

Google以外の検索エンジンの中にはmeta keywordsを利用しているものもあるので、meta keywordsを記述しておくことは、損ではないでしょう。

参考
Google Webmaster Central Blog

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「クラウドサービスに預けているデータが消えた!?」のイメージ画像
    レンタルサーバはインターネット上にWebサイトを公開したり、メールなどのデータを保管するなど他にも様…
  2. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  3. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…

注目記事

  1. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  2. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

  3. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

アーカイブ

ページ上部へ戻る