Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

メタキーワードイメージ

「metaタグ」とは、クローラーやウェブブラウザにサイトの内容や付加情報を知らせる為に使用するタグのことで、当該ページについての説明、当該ページを作った日など様々な情報を入れることができます。「meta keywords」はその1つで、キーワードを入れることができ、検索エンジンが情報を収集するのに利用していました。

2009年9月「Googleは、meta keywordsを検索順位を決める要因としては、利用していない」ということをウェブマスター向けオフィシャルブログで伝えました。コンテンツに無関係なキーワードを記述して検索結果の上位に表示しようとするような、不正な利用方法が横行したためです。

Googleがmeta keywordsを利用しないのであれば、SEO対策としてこれに力を入れる必要はありません。

しかし、ウェブサイトの制作や運営においては、キーワードを記載することが有効である場合もあるでしょう。また万が一将来的にGoogleがmeta keywordsを反映させることになった時にも、meta keywordsが予め記載されていれば、わざわざキーワードを入れなくてもすみます。

Google以外の検索エンジンの中にはmeta keywordsを利用しているものもあるので、meta keywordsを記述しておくことは、損ではないでしょう。

参考
Google Webmaster Central Blog

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?」のイメージ画像
    インターネットの発達と共に、激しさを増しているサイバー攻撃。中でも、特定の組織を標的として、重要デー…
  2. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…
  3. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…

注目記事

  1. 「SNS公式アカウントが乗っ取られたら」のイメージ画像

    SNS公式アカウントが乗っ取られたら

  2. ブラウザイメージ

    「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

  3. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

アーカイブ

ページ上部へ戻る