Google Analyticsでアクセス数を把握する

解析イメージ

Webサイトの効果や価値を知る大きな判断材料となるのが「アクセス数」です。自社のWebサイトを制作したら、どれくらいのアクセスがあるのか把握しておきたいですよね。そんな時にぜひ活用したいのが、無料のアクセス解析ツール「Google Analytics」です。

アクセス数と言うと、一般的には「ページビュー数」を指すことが多いのですが、時には「ユニークユーザー数」、「セッション数」を指すことがあります。

  • ページビュー数 → サイト内のページが閲覧された回数。一人の人が連続で10回見ても10でカウントされます。
  • ユニークユーザー数 → サイト内のページを訪問した人数。一定期間中一人の人が何度閲覧しても、1ユーザーとしてカウント。
  • セッション数 → セッションとはユーザーがWebサイトやアプリを閲覧している期間のことで、ユーザーが何回訪問したかを示します。

Google Analyticsでは、
行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ では、ページごとのページビュー数などを知ることができ、
行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ のイメージ画像

集客 > すべてのトラフィック > 参照元/メディア では、流入もと別のセッション数を、
集客 > すべてのトラフィック > 参照元/メディア のイメージ画像

ユーザー > サマリー では、ユーザーの地域やシステム、初訪問かリピーターかなどを知ることができます。
ユーザー>サマリーのイメージ画像

関連記事

ピックアップ記事

  1. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…
  2. 「狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?」のイメージ画像
    インターネットの発達と共に、激しさを増しているサイバー攻撃。中でも、特定の組織を標的として、重要デー…
  3. コンテンツマーケティングとは
    コンテンツとはもともと「中身」という意味ですが、コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティング…

注目記事

  1. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  2. ブラウザイメージ

    「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

  3. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

アーカイブ

ページ上部へ戻る