Google Analyticsでアクセス数を把握する

解析イメージ

Webサイトの効果や価値を知る大きな判断材料となるのが「アクセス数」です。自社のWebサイトを制作したら、どれくらいのアクセスがあるのか把握しておきたいですよね。そんな時にぜひ活用したいのが、無料のアクセス解析ツール「Google Analytics」です。

アクセス数と言うと、一般的には「ページビュー数」を指すことが多いのですが、時には「ユニークユーザー数」、「セッション数」を指すことがあります。

  • ページビュー数 → サイト内のページが閲覧された回数。一人の人が連続で10回見ても10でカウントされます。
  • ユニークユーザー数 → サイト内のページを訪問した人数。一定期間中一人の人が何度閲覧しても、1ユーザーとしてカウント。
  • セッション数 → セッションとはユーザーがWebサイトやアプリを閲覧している期間のことで、ユーザーが何回訪問したかを示します。

Google Analyticsでは、
行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ では、ページごとのページビュー数などを知ることができ、
行動 > サイトコンテンツ > すべてのページ のイメージ画像

集客 > すべてのトラフィック > 参照元/メディア では、流入もと別のセッション数を、
集客 > すべてのトラフィック > 参照元/メディア のイメージ画像

ユーザー > サマリー では、ユーザーの地域やシステム、初訪問かリピーターかなどを知ることができます。
ユーザー>サマリーのイメージ画像

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  2. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…
  3. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…

注目記事

  1. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  2. webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

    ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

  3. 「SNS公式アカウントが乗っ取られたら」のイメージ画像

    SNS公式アカウントが乗っ取られたら

アーカイブ

ページ上部へ戻る