ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

見たいウェブページが瞬時に表示されるのが当たり前のようになっていますが、一体どんな仕組みでこの便利さを享受できているのでしょうか。

見たいウェブサイトのURL(アドレス)が分かっている場合は、以下のような流れでウェブサイトを見ています。

  1. ブラウザのアドレスバーにURLを入力すると、ブラウザはDNSサーバに接続、そのURLの本来の住所であるIPアドレスが応答として返される
  2. 返されてきたIPアドレスは、ウェブサイトのデータが保存されているウェブサーバへ送られる
  3. ブラウザは、ウェブサーバに保存されているウェブサイトのデータを読み込み、画面に表示する

このように、ブラウザがウェブページのデータを入手するまでに、3つのステップを踏んでいます。
ブラウザがウェブページのデータを読み込んで画面に表示するまでにも、3つのステップがあります。

  1. 当該ページのHTML(Hyper Text Markup Language)を解析
  2. 1で解析したデータを整理、要素ごとに分類し、ブラウザ内に取り込む
  3. 大きさや位置など、取り込んだデータの通りに、画面に表示

普段意識することはあまりありませんが、このような仕組みで私たちはウェブサイトを閲覧しています。

関連記事

ピックアップ記事

  1. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…
  2. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  3. ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?
    “URL”とは、“Uniform Resource Locator”の略称のことで、インターネット上…

注目記事

  1. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  2. 「モデム」って、なんですか?

    「モデム」って、なんですか?

  3. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

アーカイブ

ページ上部へ戻る