ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

見たいウェブページが瞬時に表示されるのが当たり前のようになっていますが、一体どんな仕組みでこの便利さを享受できているのでしょうか。

見たいウェブサイトのURL(アドレス)が分かっている場合は、以下のような流れでウェブサイトを見ています。

  1. ブラウザのアドレスバーにURLを入力すると、ブラウザはDNSサーバに接続、そのURLの本来の住所であるIPアドレスが応答として返される
  2. 返されてきたIPアドレスは、ウェブサイトのデータが保存されているウェブサーバへ送られる
  3. ブラウザは、ウェブサーバに保存されているウェブサイトのデータを読み込み、画面に表示する

このように、ブラウザがウェブページのデータを入手するまでに、3つのステップを踏んでいます。
ブラウザがウェブページのデータを読み込んで画面に表示するまでにも、3つのステップがあります。

  1. 当該ページのHTML(Hyper Text Markup Language)を解析
  2. 1で解析したデータを整理、要素ごとに分類し、ブラウザ内に取り込む
  3. 大きさや位置など、取り込んだデータの通りに、画面に表示

普段意識することはあまりありませんが、このような仕組みで私たちはウェブサイトを閲覧しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…
  2. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…
  3. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…

注目記事

  1. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

  2. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  3. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

アーカイブ

ページ上部へ戻る