ウェブページがブラウザに表示される仕組みとは

webサイトがブラウザに表示される仕組みのイメージ画像

見たいウェブページが瞬時に表示されるのが当たり前のようになっていますが、一体どんな仕組みでこの便利さを享受できているのでしょうか。

見たいウェブサイトのURL(アドレス)が分かっている場合は、以下のような流れでウェブサイトを見ています。

  1. ブラウザのアドレスバーにURLを入力すると、ブラウザはDNSサーバに接続、そのURLの本来の住所であるIPアドレスが応答として返される
  2. 返されてきたIPアドレスは、ウェブサイトのデータが保存されているウェブサーバへ送られる
  3. ブラウザは、ウェブサーバに保存されているウェブサイトのデータを読み込み、画面に表示する

このように、ブラウザがウェブページのデータを入手するまでに、3つのステップを踏んでいます。
ブラウザがウェブページのデータを読み込んで画面に表示するまでにも、3つのステップがあります。

  1. 当該ページのHTML(Hyper Text Markup Language)を解析
  2. 1で解析したデータを整理、要素ごとに分類し、ブラウザ内に取り込む
  3. 大きさや位置など、取り込んだデータの通りに、画面に表示

普段意識することはあまりありませんが、このような仕組みで私たちはウェブサイトを閲覧しています。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. PDCAイメージ
    インターネット上に限らず、あらゆるプロジェクトマネジメントで実践されている「PDCAサイクル」。目標…
  2. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…
  3. ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?
    “URL”とは、“Uniform Resource Locator”の略称のことで、インターネット上…

注目記事

  1. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  2. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  3. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

アーカイブ

ページ上部へ戻る