「ドメイン名」とは、何の名前?

ドメインイメージ

手紙や贈り物などを相手に届けるには、住所が必要です。
インターネット上でも、電子メールを送ったり、ウェブサイトを閲覧したりするためには、相手がネット上のどこにいるのか特定しなければなりません。

ネットワーク上でサーバなどを特定するには、「123.45.67.89.」などといった数字の組み合わせでできている「IPアドレス」を使用します。
これが、インターネット上の「住所」。

しかし、数字の組み合わせでは覚えにくいとなどの理由から、DNS(Domain Name System)によって、個々のIPアドレスに対応して、一定のルールに従って作られた文字列である「ドメイン名」が設定されるようになりました。

1つのIPアドレスに割り当てられる「ドメイン名」は唯一無二で、絶対に重複しません。

では、URLやメールアドレスにおいて、どの部分が「ドメイン名」かというと、弊社の場合で見てみましょう。


http://www.coralco.jp」のドメイン名 → coral.co.jp の部分
「info@coral.co.jp」のドメイン名 → coral.co.jp の部分


つまり、インターネット上のコンピュータなどを特定するための住所のようなもの=「IPアドレス」が、数字の羅列で覚えにくいので、分かりやすく表記したのが「ドメイン名」、ということになります。

関連記事

ピックアップ記事

  1. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  2. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…
  3. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…

注目記事

  1. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  2. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る