「サーバ」って、何者?

サーバとは何か、のイメージ画像

サーバ(server)の一般的な意味は、「サービスを提供する人や物」。コンピュータ用語としては、サービスの要求を行うコンピュータ端末またはプログラムである「クライアント」からの要求に応答するコンピュータ端末またはプログラムのことを言います。

パソコンやスマホ、銀行のATMなどクライアントであるコンピュータからの要求を実現すべく、サーバで処理した結果をクライアントに提供するのがサーバの役割となります。

膨大な数のクライアントからの要求を高速に処理すると同時に、故障やシステムダウンを引き起こさないよう最良の状態をキープするため、サーバは高性能な処理能力を有しています。

提供したいサービスに適したアプリケーションをインストールしてクライアントの要求に応じるため、サーバにはいくつか種類があります。

例えば、

  • クライアントからの要求に応じたウェブページをクライアントのブラウザに表示する「ウェブサーバ」
  • メールの送受信を管理する「メールサーバ」
  • データベースを管理する「データベースサーバ」
  • 通信する内容を暗号化してコンピュータとリモート通信をするための「SSHサーバ」
  • URLを目的のウェブサイトへつなげる「DNSサーバ」

などがあります。
身近なところで言うと、ウェブサイトのデータは「ウェブサーバ」の中に入っていて、ブラウザで要求するとそのウェブサイトを閲覧できる、というわけです。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. 「情報リテラシーとは」のイメージ画像
    皆さんは『情報リテラシー』という言葉をよく耳にすることがあるのではないでしょうか。 もともと「…

注目記事

  1. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  2. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  3. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

アーカイブ

ページ上部へ戻る