え?「ホームページ」と「ウェブサイト」って、同じじゃないの?

ウェブサイトイメージ

「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり多いことでしょう。

今では、これらの呼称は同義で扱われていますが、本来イコールではありませんでした。

ブラウザのウィンドウに表示されるページのことを「ウェブページ」と言い、Webページが集まって一冊の本のようになっているウェブページの集合体を「ウェブサイト」と言います。

「ホームページ」とはもともと、ウェブブラウザを起動したときに最初に表示されるウェブページのことを指していました。

何らかのウェブサイトのトップページをホームページに設定する人が多かったため、各ウェブサイトのトップページが「ホームページ」と呼ばれるようになり、やがて、「ホームページ」と言えば、ウェブサイト全体のことを指すようになっていきました。

ですから、「ウェブサイト」または「サイト」を「ホームページ」と呼んでも、日本においては誤用ではないのですが、本来はその入り口であるトップページのことだけを「ホームページ」と呼ぶものであった、ということを知っておくと、いつか何かの役に立つかもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「きれいすぎて、ごめんなさい!?その画像、迷惑じゃない?」のイメージ画像
    せっかくうまく撮れた写真だから、できるだけ高画質でみんなに見て欲しい…。 ワンランク上のカメラをや…
  2. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  3. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…

注目記事

  1. スタートイメージ

    ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

  2. CMSとはどんなシステム?のイメージ画像

    「CMS」とはどんなシステム?

  3. 今注目の「IoT」とは?

    今注目の「IoT」とは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る