え?「ホームページ」と「ウェブサイト」って、同じじゃないの?

  • 公開: 2015-6-23
  • 更新: 2015-10-7
ウェブサイトイメージ

「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり多いことでしょう。

今では、これらの呼称は同義で扱われていますが、本来イコールではありませんでした。

ブラウザのウィンドウに表示されるページのことを「ウェブページ」と言い、Webページが集まって一冊の本のようになっているウェブページの集合体を「ウェブサイト」と言います。

「ホームページ」とはもともと、ウェブブラウザを起動したときに最初に表示されるウェブページのことを指していました。

何らかのウェブサイトのトップページをホームページに設定する人が多かったため、各ウェブサイトのトップページが「ホームページ」と呼ばれるようになり、やがて、「ホームページ」と言えば、ウェブサイト全体のことを指すようになっていきました。

ですから、「ウェブサイト」または「サイト」を「ホームページ」と呼んでも、日本においては誤用ではないのですが、本来はその入り口であるトップページのことだけを「ホームページ」と呼ぶものであった、ということを知っておくと、いつか何かの役に立つかもしれません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  2. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…
  3. 「きれいすぎて、ごめんなさい!?その画像、迷惑じゃない?」のイメージ画像
    せっかくうまく撮れた写真だから、できるだけ高画質でみんなに見て欲しい…。 ワンランク上のカメラをや…

注目記事

  1. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  2. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る