え?「ホームページ」と「ウェブサイト」って、同じじゃないの?

ウェブサイトイメージ

「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり多いことでしょう。

今では、これらの呼称は同義で扱われていますが、本来イコールではありませんでした。

ブラウザのウィンドウに表示されるページのことを「ウェブページ」と言い、Webページが集まって一冊の本のようになっているウェブページの集合体を「ウェブサイト」と言います。

「ホームページ」とはもともと、ウェブブラウザを起動したときに最初に表示されるウェブページのことを指していました。

何らかのウェブサイトのトップページをホームページに設定する人が多かったため、各ウェブサイトのトップページが「ホームページ」と呼ばれるようになり、やがて、「ホームページ」と言えば、ウェブサイト全体のことを指すようになっていきました。

ですから、「ウェブサイト」または「サイト」を「ホームページ」と呼んでも、日本においては誤用ではないのですが、本来はその入り口であるトップページのことだけを「ホームページ」と呼ぶものであった、ということを知っておくと、いつか何かの役に立つかもしれません。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「迷惑メールを通報して大人の対応」のイメージ画像
    大切なメールかと思いきや、確認したら迷惑メール(スパムメール)だった。そんな時は本当に腹立たしいもの…
  2. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  3. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…

注目記事

  1. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

  2. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

  3. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

    売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

アーカイブ

ページ上部へ戻る