「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

ブラウザイメージ

「ブラウザ」って、よく聞きますよね。
インターネット上で、「あなたがお使いのブラウザは○○」「当ウェブサイトの推奨ブラウザは○○」などといった文章を、一度は見たことがあるのはないでしょうか。

ブラウザ(browser)は、情報を閲覧するという意味のブラウジング(browsing)を語源としていて、本来はデータや情報をまとまった形で閲覧するソフトウェア全般のことを指します。

インターネットの普及に伴って、今や「ブラウザ」といえば、「インターネット上の様々なサイトを表示するためのソフトウェア」を指す「ウェブブラウザ」とほぼ同義となっています。
今まさに、このページを見るのに使っているソフトウェアが「ブラウザ」というわけです。

「ブラウザ」には、最も一般的と言えるInternet Explorer(通称「IE」)のほかにも、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari、Operaなどがあります。

Windowsのパソコンを購入すると既にインストールされているのがInternet Explorerであることがほとんどなため、そのまま使用する人が多くいますが、各ブラウザにそれぞれの特徴があるので、好みや必要上別のブラウザをインストールして使う人もいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…
  2. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  3. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…

注目記事

  1. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

  2. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  3. CMSとはどんなシステム?のイメージ画像

    「CMS」とはどんなシステム?

アーカイブ

ページ上部へ戻る