「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

ブラウザイメージ

「ブラウザ」って、よく聞きますよね。
インターネット上で、「あなたがお使いのブラウザは○○」「当ウェブサイトの推奨ブラウザは○○」などといった文章を、一度は見たことがあるのはないでしょうか。

ブラウザ(browser)は、情報を閲覧するという意味のブラウジング(browsing)を語源としていて、本来はデータや情報をまとまった形で閲覧するソフトウェア全般のことを指します。

インターネットの普及に伴って、今や「ブラウザ」といえば、「インターネット上の様々なサイトを表示するためのソフトウェア」を指す「ウェブブラウザ」とほぼ同義となっています。
今まさに、このページを見るのに使っているソフトウェアが「ブラウザ」というわけです。

「ブラウザ」には、最も一般的と言えるInternet Explorer(通称「IE」)のほかにも、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari、Operaなどがあります。

Windowsのパソコンを購入すると既にインストールされているのがInternet Explorerであることがほとんどなため、そのまま使用する人が多くいますが、各ブラウザにそれぞれの特徴があるので、好みや必要上別のブラウザをインストールして使う人もいます。

関連記事

ピックアップ記事

  1. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  2. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  3. 今やインターネットなしでは生活できないと言っても過言でない時代。お父さんが趣味で使うノートパソコン、…

注目記事

  1. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  2. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  3. 「ページごとのアクセス数を知る方法」のイメージ画像

    ページごとのアクセス数を知る方法

アーカイブ

ページ上部へ戻る