「ブラウザ」とは、ウェブサイトを見るのに必要なソフトのこと。

ブラウザイメージ

「ブラウザ」って、よく聞きますよね。
インターネット上で、「あなたがお使いのブラウザは○○」「当ウェブサイトの推奨ブラウザは○○」などといった文章を、一度は見たことがあるのはないでしょうか。

ブラウザ(browser)は、情報を閲覧するという意味のブラウジング(browsing)を語源としていて、本来はデータや情報をまとまった形で閲覧するソフトウェア全般のことを指します。

インターネットの普及に伴って、今や「ブラウザ」といえば、「インターネット上の様々なサイトを表示するためのソフトウェア」を指す「ウェブブラウザ」とほぼ同義となっています。
今まさに、このページを見るのに使っているソフトウェアが「ブラウザ」というわけです。

「ブラウザ」には、最も一般的と言えるInternet Explorer(通称「IE」)のほかにも、Google Chrome、Mozilla Firefox、Safari、Operaなどがあります。

Windowsのパソコンを購入すると既にインストールされているのがInternet Explorerであることがほとんどなため、そのまま使用する人が多くいますが、各ブラウザにそれぞれの特徴があるので、好みや必要上別のブラウザをインストールして使う人もいます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  2. 「ルーター」って、なんですか?
    今やインターネットなしでは生活できないと言っても過言でない時代。お父さんが趣味で使うノートパソコン、…
  3. 「クラウドサービスに預けているデータが消えた!?」のイメージ画像
    レンタルサーバはインターネット上にWebサイトを公開したり、メールなどのデータを保管するなど他にも様…

注目記事

  1. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  2. 著作権注意イメージ

    その書き込み、大丈夫?気軽なコピペが法律違反になる前に知っておきたい著作権のこと

  3. 「なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか」のイメージ画像

    なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか?

アーカイブ

ページ上部へ戻る