ネットショップを運営するなら最低限知っておくべき5つの法律

法律イメージ

健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つあります。

  1. 知的財産に関する法律 ⇨ 著作権を侵害していないか、など
  2. 特定商取引法 ⇨ 消費者被害やトラブル発生を阻止できるか、など
  3. 個人情報保護法 ⇨ 顧客に関する情報を安全に管理できているか、など
  4. 電子契約法 ⇨ 売買の契約時期が明確化されているか、など
  5. 景品表示法 ⇨ 景品が豪華すぎないか、商品が実際より優良と誤認されやすくないか、など

また、販売する商品によって関係してくる法律もあります。

  • 古物営業法:古物を売買、交換に関する法律
  • 製造物責任法:製品の欠陥によって購入者に損害があった場合、損害賠償を求めることができる法律
  • 食品衛生法:食品を販売する場合の衛生管理に関する法律
  • 薬事法:医薬品販売に関する法律
  • 家庭用品品質表示法:原材料や取扱い方法などの表示について定めた法律

時代や社会環境の変化に対応して法律は変化していくため、知らぬ間に法律違反を犯していた、といったことにならないよう、常に新しい情報を入手、対処しなければいけません。

ネットショップにおいて、ユーザが安心して安全な買い物ができる環境を提供し、事業者の権利を守るために、これらの法律に従って健全なネットショップの運営を目指しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. アクセス解析サービス「Google Analytics」とは のイメージ画像
    Googleが提供するGoogle Analytics(グーグル アナリティクス)は、とても高機能な…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…

注目記事

  1. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

アーカイブ

ページ上部へ戻る