ネットショップを運営するなら知っておきたい「不当表示」のこと

不当NGイメージ

2013年11月。国内大手のインターネットショッピングモール「楽天市場」内で、プロ野球・楽天イーグルスの優勝にちなんだ「日本一セール」」を展開した数店舗において、不当な価格表示があったことがニュースでも取り上げられました。

「不当」とされたのは、定価を引き上げた上でセール金額を提示し、あたかも大幅に値引きしたかのような表示をしたことです。

楽天市場でネットショップを展開する17店舗において1045商品で楽天の審査を経ずに「ウソ」のセールを行ったとして、楽天の三木谷社長が謝罪会見を開いたことは、多くの人にとって印象深い出来事だったのではないでしょうか。

このように、定価を改ざんして、値引き率が高いと勘違いさせるような金額表示をすることは「不当表示」に当たり、景品表示法(正式には「不当景品類及び不当表示防止法」)違反となります。

不当表示というのは、価格に限ったことではありません。消費者を購入に踏み切らせるために、嘘や大げさな表現を商品の説明に用いるなどして、商品の質を実際よりも優良と誤認させる表示なども含まれます。

ネットショップを運営する上で、利益を追求するあまり、「少しくらい大げさに表現してもいいだろう」などと安易に考えて誇大広告を打つと、法を犯してしまうことになりかねません。お客様からの信頼を裏切らないように、正しい表現・表示に徹しましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…
  2. ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?
    “URL”とは、“Uniform Resource Locator”の略称のことで、インターネット上…
  3. IoTは新しい価値も生み出す
    パソコンやスマートフォンなどのIT関連機器、情報端末だけでなく、家電や様々なモノをインターネットに接…

注目記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

    売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

  2. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る