Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

個人製作イメージ

Webサイトの制作費は個人事業主に依頼するのか、中小規模Web制作会社なのか、または広告代理店などの大企業なのか発注先によって大きく変わります。
費用的には個人事業主→中小規模Web制作会社→広告代理店などの大企業の順で高くなっていきますが、それぞれメリットとデメリットがあります。それらを把握した上で、発注先を選択するとよいでしょう。

個人事業主にWebサイト制作を依頼するメリット

個人事業主は企業に属せず一人で仕事をしている人で、フリーランスとも呼ばれます。
個人事業主に依頼する一番のメリットはなんと言っても、制作費を低価格に抑えることができることです。
また、依頼を受けるのも本人、制作の作業をするのも本人なので、クライアントの意向をダイレクトに伝えることができます。
組織になっていないので対応が早い、というメリットがある場合も。

個人事業主にWebサイト制作を依頼するデメリット

個人事業主の場合、その人の能力に保証があるわけではなく、担当を交代してもらうこともできないので、クライアントの期待に沿ったものが制作できない場合もあります。
また、個人事業主の場合、長くWebサイト制作の仕事を続けるか保証もなく、最悪の場合数年後に音信不通になってしまうというリスクもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. ネットで良く見る「URL(ユーアールエル)」ってなんですか?
    “URL”とは、“Uniform Resource Locator”の略称のことで、インターネット上…
  2. ウェブサイトイメージ
    「ホームページ」と「ウェブサイト」または「サイト」とは、同じものを指していると思っている人は、かなり…
  3. CMSイメージ
    CMSは、HTMLやCSSについての専門的な知識がなくても、Webサイトのコンテンツ管理ができるスグ…

注目記事

  1. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

  2. 「サイバーとはどんな意味?」のイメージ画像

    「サイバー」とはどんな意味?

  3. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

アーカイブ

ページ上部へ戻る