ウェブサイト運営の要!? PDCAってなんのこと?

PDCAイメージ

インターネット上に限らず、あらゆるプロジェクトマネジメントで実践されている「PDCAサイクル」。目標・目的を達成するために、計画通りに進んでいるか継続的にチェックし、それを基に改善を施すサイクルのことです。
「PDCAサイクル」は、Plan(計画)→Do(実行)→Check(評価)→Act(改善)の4段階を繰り返し行うこと。このサイクルが、ウェブサイト運営でも非常に効果を発揮します。

第一段階は、目標・目的達成への計画を練り、企画する「Plan」。利益計画や投資収益率を元にし、ページビュー(アクセス数)やコンバージョン率(アクセス数のうち成果に結びついた率)などの目標の設定とそこに達するための方法を見出し、目標数値設定を行うこと。
第二段階は、「Plan」を実現化するために、検索エンジンを利用した集客施策であるSEM(Search Engine Marketing)などを実施する「Do」。
第三段階は、アクセス解析ツールなどを使って、目標数値と実績数値を比較し、評価する「Check」。
最後に、「Check」の結果を受け、目標到達度によって改善策や追加施策を立てる「Act」。

サイトをリリースしてからも、このサイクルを継続することで、常にサイトを活性化させ、その結果、目標・目的の達成が可能となります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  2. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…
  3. デバイスイメージ
    このサイトを見る人なら、「デバイス」という言葉を見聞きしたことのある人がほとんどではないでしょうか。…

注目記事

  1. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  2. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る