ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

スタートイメージ

ウェブサイトのオープンを迎えられて、ホッと安心してしまう方が、意外と多いようです。

インターネット上にサイトをリリースすることは、決してゴールではなく、そこからが始まり。適切な運営を続けることこそが、最重要課題です。

では、「適切な運営」をするには、何をどうするべきなのでしょうか。

まず、サイトをリリースする前の制作段階で、「サイトの目的」を明確にしておくこと。

おおよその更新の間隔や内容、増やしていくコンテンツなど、ある程度の計画を立てておきます。
リリース後には、アクセス解析によって、ユーザーの動向をチェック。
どのページがよく見られていて、どのページから離脱する確率が高いか、などを把握した上で、改善策を練り、実行します。

これらの作業を繰り返しながら、「サイトの目的」の達成度を測り、魅力的なサイトであり続けるために、不足している部分や不要な部分を精査し、ブラッシュアップしていきます。

何かのサイトを閲覧する時、更新履歴をチェックしませんか?

常に新鮮なサイトには期待を込めて再訪するもの。風通しのいいサイトには、自然とユーザーが集まります。よどみを感じさせるサイトへのアクセス数は、決して伸びることはないということを忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. SNS(Social Networking Service)は日本では2011年頃急激に注目を集め始…
  2. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…
  3. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…

注目記事

  1. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  2. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

  3. 取引イメージ

    ネットショップを運営するなら知っておきたい「特定商取引法」による表示義務

アーカイブ

ページ上部へ戻る