ウェブサイトは開設がゴールじゃない!適切な運営でサイトの旬を保つ方法

スタートイメージ

ウェブサイトのオープンを迎えられて、ホッと安心してしまう方が、意外と多いようです。

インターネット上にサイトをリリースすることは、決してゴールではなく、そこからが始まり。適切な運営を続けることこそが、最重要課題です。

では、「適切な運営」をするには、何をどうするべきなのでしょうか。

まず、サイトをリリースする前の制作段階で、「サイトの目的」を明確にしておくこと。

おおよその更新の間隔や内容、増やしていくコンテンツなど、ある程度の計画を立てておきます。
リリース後には、アクセス解析によって、ユーザーの動向をチェック。
どのページがよく見られていて、どのページから離脱する確率が高いか、などを把握した上で、改善策を練り、実行します。

これらの作業を繰り返しながら、「サイトの目的」の達成度を測り、魅力的なサイトであり続けるために、不足している部分や不要な部分を精査し、ブラッシュアップしていきます。

何かのサイトを閲覧する時、更新履歴をチェックしませんか?

常に新鮮なサイトには期待を込めて再訪するもの。風通しのいいサイトには、自然とユーザーが集まります。よどみを感じさせるサイトへのアクセス数は、決して伸びることはないということを忘れてはいけません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…
  2. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  3. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…

注目記事

  1. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

  2. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  3. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

アーカイブ

ページ上部へ戻る