フリーってオールフリーじゃないの?フリー素材を使うときに知っておきたい注意点

「フリー素材を使うときに知っておきたい注意点」のイメージ画像

コーポレートサイトに限らず、個人で運営するホームページやSNSなどで、インターネット上にリリースされているフリーの画像やイラスト、アイコンなどの素材を利用することがあります。

これらの素材は、「無料で使える」と謳っている場合であっても、ある一定の条件が付加されていたり、著作権がフリーではなかったりする場合が多いので、注意が必要です。

フリー素材は、個人の趣味の範囲で利用する場合はほとんど問題なくても、商用利用や加工は不可という場合があります。また、商用利用や加工も可能で料金はかからないが、著作権表示(クレジット)が必要だったり、肖像権について注意事項があったりと、オールフリーではなく、詳細な利用規約が付随している場合もあります。

「バレなければ大丈夫」などと軽い気持ちで、規約に定めた範囲外での利用、つまり不正利用を行うと、そのサイトの管理者から費用請求があったり、警察へ被害届を出されてしまったりと、法を犯す結果を招きかねません。

たとえ、「商用フリー」「著作権フリー」と明記されていても、必ずそのサイトが定めた利用規約を確認し、自分で責任が取れる範囲で利用しなければなりません。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…
  2. 「狙われるのが不特定多数ではない、標的型攻撃とは?」のイメージ画像
    インターネットの発達と共に、激しさを増しているサイバー攻撃。中でも、特定の組織を標的として、重要デー…
  3. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…

注目記事

  1. Webマーケティングのメリットとデメリット

    Webマーケティングのメリットとデメリット

  2. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  3. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

アーカイブ

ページ上部へ戻る