コーポレートサイトには何が必要?外せない基本的な要素について

要素イメージ

今やインターネットを使って、何でも気軽に「検索」するのが当たり前の世の中。コーポレートサイトで企業が情報公開することは、企業戦略の一端とも言えます。

企業を理解してもらい、発展・躍進のきっかけとなるコーポレートサイトであるためには、何を盛り込めばいいのでしょうか。

まず、企業の考え方を端的に伝える「代表挨拶」「企業理念」など、会社の基本スタンスは必須です。

そして、詳細な会社情報。どのような歴史を持ち、何をどこで行っているのか、いわゆる履歴書のような会社の基本的な情報で、「会社概要」「沿革」「事業案内」「アクセス方法(マップ)」などがこれにあたります。

また、投資家向けの広報、いわゆる「IR情報」や優秀な人材を確保のための「採用情報」も、重要な要素です。大規模な企業になると、社会的責任、社会貢献などを明示する「CSR(Corporate Social Responsibility)情報」を掲載することもあります。

EC(Electronic Commerce)ショップ、いわゆるネットショップを展開している企業であれば、ショップサイトへのリンクも必要不可欠。他に、ユーザーとの直接的なコミュニケーションのためにSNS(Facebook、Twitter、ブログなど)も活用しているのであれば、それらのリンクも必ず掲載しておきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「クラウドサービスに預けているデータが消えた!?」のイメージ画像
    レンタルサーバはインターネット上にWebサイトを公開したり、メールなどのデータを保管するなど他にも様…
  2. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  3. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…

注目記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

    売れないネットショップが確認すべき集客ポイント3 ~サイトやページの構成~

  2. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

  3. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

アーカイブ

ページ上部へ戻る