コーポレートサイトが担う役割について知っておきたいこと

ビジョンイメージ

コーポレートサイトとは、企業の事業内容や基本理念、サービス・商品などを総合的に伝えるインターネットサイトを指します。「企業サイト」、「企業情報サイト」、とも表現されます。

企業の規模によって内容は異なりますが、主に、「企業理念」「会社概要」「沿革(会社の歴史)」「事業内容」「アクセスマップ」「問い合わせ先」などが掲載されています。また、投資家向けに企業の経営状態や業績動向を伝える「IR(Investor Relations)情報」、優秀な人材確保のための「採用情報」なども網羅している場合もあります。

また、いわゆる「ネットショップ」のように、物販やサービスなどが事業の主体となっている企業では、ショップサイトにリンクを張るなどして、企業本体の情報をまとめたコーポレートサイトを別に設けている場合も多くあります。

コーポレートサイトは、企業側が伝えたいことを掲載すると同時に、ユーザーがその企業について知りたいことをきちんと盛り込む必要があります。

的確な情報が伝わることによって、企業に対する信頼度が高まり、新規の顧客や人材確保につながることにもなるため、Web時代においてコーポレートサイトは、企業の「顔」。自社のビジョンや魅力をしっかり盛り込んで、ユーザーに伝わるコーポレートサイトにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップが確認すべき集客ポイント4 ~広告の運用は適切か~
    ネットショップを開店したら、自分の店が検索サイトで上位に表示されると嬉しいのですが、残念ながら開店間…
  2. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…
  3. 「「ポート番号」って、何のこと?」のイメージ画像
    「ポート番号」とは、コンピュータ間で通信する際に、データが出入りする出入り口の番号のことを指します。…

注目記事

  1. メタキーワードイメージ

    Googleが利用していないのなら、meta keywordsは必要ない?

  2. 「なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか」のイメージ画像

    なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか?

  3. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

アーカイブ

ページ上部へ戻る