コーポレートサイトが担う役割について知っておきたいこと

ビジョンイメージ

コーポレートサイトとは、企業の事業内容や基本理念、サービス・商品などを総合的に伝えるインターネットサイトを指します。「企業サイト」、「企業情報サイト」、とも表現されます。

企業の規模によって内容は異なりますが、主に、「企業理念」「会社概要」「沿革(会社の歴史)」「事業内容」「アクセスマップ」「問い合わせ先」などが掲載されています。また、投資家向けに企業の経営状態や業績動向を伝える「IR(Investor Relations)情報」、優秀な人材確保のための「採用情報」なども網羅している場合もあります。

また、いわゆる「ネットショップ」のように、物販やサービスなどが事業の主体となっている企業では、ショップサイトにリンクを張るなどして、企業本体の情報をまとめたコーポレートサイトを別に設けている場合も多くあります。

コーポレートサイトは、企業側が伝えたいことを掲載すると同時に、ユーザーがその企業について知りたいことをきちんと盛り込む必要があります。

的確な情報が伝わることによって、企業に対する信頼度が高まり、新規の顧客や人材確保につながることにもなるため、Web時代においてコーポレートサイトは、企業の「顔」。自社のビジョンや魅力をしっかり盛り込んで、ユーザーに伝わるコーポレートサイトにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 突然インターネット接続が切れた時の対処法3~モデムやルーター機器そのものを確認~
    “複数のデバイスやソフトでもインターネットに接続することができず”、“モデムやルーターの接続にも問題…
  2. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…
  3. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…

注目記事

  1. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

  2. 「SNS公式アカウントが乗っ取られたら」のイメージ画像

    SNS公式アカウントが乗っ取られたら

  3. 「企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント」のイメージ画像

    企業側・見る人、双方に益する企業サイトにするために押さえておきたい6つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る