Webサイトの更新が反映されない?と思ったら「リロード」または「スーパーリロード」

Webサイトの更新が反映されない?と思ったら「リロード」または「スーパーリロード」

ウェブページを更新したはずなのに、ブラウザで見ると変わっていない・・という経験はありませんか?そういうときに必要なのが、「リロード」または「スーパーリロード」です。

コンピュータ用語としての「リロード」とは、Webブラウザで表示しているWebページを再読み込みして(=サーバからもう一度ダウンロードし直して)、画面の表示を更新することを指します。簡単に言うと、「データを読み込み直す」こと。

ブラウザは通常、閲覧したウェブページのデータを「キャッシュ」として一時的に保存して、以後同じページを見るときにより速く表示するようになっています。あるページを開くとき、メモリやハードディスクに以前保存したデータがあれば、インターネット上から読み込むのではなく、保存してあるそのデータ=キャッシュを表示するのです。

ページを更新したはずなのに変わっていない、という現象はこの仕組みがあるためにしばしば起こります。最新のデータではなく、キャッシュが表示されている、というわけです。「あれ、変わっていない?」と思ったら、「リロード」または「スーパーリロード」で、最新のデータを読み込みましょう。


「リロード」の操作はOSやブラウザによって異なります。
代表的な例を以下に挙げました。

Windows

  • Microsoft Edge:キーボードの「F5」キーを押す
  • Google Chrome:キーボードの「F5」または「Ctrl + R」キーを押す

Mac

    • Firefox:キーボードの「Command + R」キーを押す
    • Google Chrome:キーボードの「Command + R」キーを押す

補記

  • 上記のキー操作それぞれに「Shift」キーを足すと「スーパーリロード」となり、「リロード」よりも多くのデータを読み込み直します。
  • ブラウザツールバーの更新ボタンをクリック/タップするとリロードできるのは、ほとんどのブラウザで共通(スマートフォンやタブレットを含む)。
  • OSやブラウザのバージョンアップで操作が変わる可能性があります。
  • スーパーリロードでも更新されない場合には、キャッシュをクリアするか、本当に更新できているのかを確認するといいでしょう。
「更新しました!」
「ん? 変わってないよ〜」
「キーボードのF5を押してみてもらえますか?」
「F5? F5ね・・あ、変わった! OKです〜」

こんなやりとりを、何十回もしたことがあります。
便利なキーボードショートカット、たくさんの方にご活用いただけたら嬉しいです。

この記事は以下のリンク先を参考にしました。

「リロード」や「キャッシュ」、ショートカットについてもっと知る

関連記事

ピックアップ記事

  1. 売れないネットショップは、まず集客に力を入れる
    インターネットの普及に伴って、今や当たり前の存在となったネットショップ。実際、ネットショップを運営し…
  2. 自分の会社名が入ったメールアドレスが欲しい場合
    会社に勤めていると、何もしなくても勤務先から自分専用にメールアドレスが割り当てられます。その時メール…
  3. 大手イメージ
    Webサイトの制作費は、発注先によって大きく変わります。 個人事業主→中小規模Web制作会社→広告…

注目記事

  1. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  2. 機種依存文字って、使っちゃいけないの?

    機種依存文字って、使っちゃいけないの?

  3. SNS利用のガイドラインを策定し、ソーシャルメディア&ITリテラシー向上を

アーカイブ

ページ上部へ戻る