Webサイトの更新が反映されない?と思ったら「リロード」または「スーパーリロード」

Webサイトの更新が反映されない?と思ったら「リロード」または「スーパーリロード」

ウェブページを更新したはずなのに、ブラウザで見ると変わっていない・・という経験はありませんか?そういうときに必要なのが、「リロード」または「スーパーリロード」です。

コンピュータ用語としての「リロード」とは、Webブラウザで表示しているWebページを再読み込みして(=サーバからもう一度ダウンロードし直して)、画面の表示を更新することを指します。簡単に言うと、「データを読み込み直す」こと。

ブラウザは通常、閲覧したウェブページのデータを「キャッシュ」として一時的に保存して、以後同じページを見るときにより速く表示するようになっています。あるページを開くとき、メモリやハードディスクに以前保存したデータがあれば、インターネット上から読み込むのではなく、保存してあるそのデータ=キャッシュを表示するのです。

ページを更新したはずなのに変わっていない、という現象はこの仕組みがあるためにしばしば起こります。最新のデータではなく、キャッシュが表示されている、というわけです。「あれ、変わっていない?」と思ったら、「リロード」または「スーパーリロード」で、最新のデータを読み込みましょう。


「リロード」の操作はOSやブラウザによって異なります。
代表的な例を以下に挙げました。

Windows

  • Microsoft Edge:キーボードの「F5」キーを押す
  • Google Chrome:キーボードの「F5」または「Ctrl + R」キーを押す

Mac

    • Firefox:キーボードの「Command + R」キーを押す
    • Google Chrome:キーボードの「Command + R」キーを押す

補記

  • 上記のキー操作それぞれに「Shift」キーを足すと「スーパーリロード」となり、「リロード」よりも多くのデータを読み込み直します。
  • ブラウザツールバーの更新ボタンをクリック/タップするとリロードできるのは、ほとんどのブラウザで共通(スマートフォンやタブレットを含む)。
  • OSやブラウザのバージョンアップで操作が変わる可能性があります。
  • スーパーリロードでも更新されない場合には、キャッシュをクリアするか、本当に更新できているのかを確認するといいでしょう。
「更新しました!」
「ん? 変わってないよ〜」
「キーボードのF5を押してみてもらえますか?」
「F5? F5ね・・あ、変わった! OKです〜」

こんなやりとりを、何十回もしたことがあります。
便利なキーボードショートカット、たくさんの方にご活用いただけたら嬉しいです。

この記事は以下のリンク先を参考にしました。

「リロード」や「キャッシュ」、ショートカットについてもっと知る

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. メガ、ギガ、テラ…?コンピュータで扱うデータ量の単位
    デジタルな世界で扱われる情報量は、ものすごい勢いで巨大化しています。少し前までは「最大値」だと思って…
  2. 今やインターネットなしでは生活できないと言っても過言でない時代。お父さんが趣味で使うノートパソコン、…
  3. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…

注目記事

  1. 「「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ」のイメージ画像

    「ひょっとして標的型サイバー攻撃?」と思ったら、相談窓口へ

  2. ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

    ビットとバイト?コンピュータで扱うデータ量の単位

  3. ウェブサイトでの配色・色彩計画も戦略のひとつ

アーカイブ

ページ上部へ戻る