メールにも「形式」があるんです!

メールにも「形式」があるんです!

「大事な部分は赤字にしておきました。」とメールに書いてあるけど、赤字なんてないんだけど?なんてこと、経験ありませんか。

これは、メールの形式が送信側と受信側で統一されていないと起こる現象。メールの形式には、「テキスト形式」「HTML形式」「リッチテキスト形式」の3種類あります。それぞれの特徴をご紹介しましょう。

「テキスト形式」は、文字(テキスト)のみで構成されていて装飾がないため、他の形式に比べるとシンプルで、データサイズが小さいのが特徴です。「HTML形式」はウェブサイトのように背景や画像、音などをつけることができ、フォントをカラーにできる、ウェブページへのリンクを設定することなどが可能になります。ネットショップのメールマガジンなどはHTML形式のメールが増えていますが、受信側もこの形式に対応した電子メールソフトを使用していなければ正しく表示されないことがあります。「リッチテキスト形式」はHTML形式とほぼ同様に使えますが、使用できない部分があります。

これら3つの形式にはそれぞれ長所や短所があります。受診側の環境にもよりますので、配信する内容や目的、宛先によってケースバイケースで使い分けられるといいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「一度おきると被害は甚大!情報漏洩はなぜおきる?」のイメージ画像
    度々、ニュースでも話題になる『情報漏洩』。情報漏洩とは企業や組織の所有する顧客情報や技術情報など様々…
  2. 法律イメージ
    健全なネットショップを運営するために、取り扱う商品に関わらず、把握しておかなければならない法律が5つ…
  3. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…

注目記事

  1. 著作権注意イメージ

    その書き込み、大丈夫?気軽なコピペが法律違反になる前に知っておきたい著作権のこと

  2. 「ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる」のイメージ画像

    ウェブサイトは「コンセプトメイキング」で決まる

  3. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

アーカイブ

ページ上部へ戻る