CCとBCCを使い分け、スマートに利用

CCとBCCを使い分け、スマートに利用

メールを送るとき、送りたい相手のメールアドレスを「TO」に入れますが、ビジネスでもプライベートでも使うことの多い「CC」、「BCC」。マナーを守って上手に使いたいものです。

複数の人にメールを送りたい時は様々な方法があります。まず1つ目は「TO」にカンマで区切って複数のメールアドレスを入れる方法。次は「CC」を使う方法。「CC」は「カーボン・コピー(carbon copy)」の略で、主送信先(TO)とは別にメールを読んで欲しい人がいる場合に「CC」にメールアドレスを入れると、メールを同時に送ることができます。「CC」に入力したメールアドレスは、主送信先の人や同じく「CC」でメールを受け取った人も参照できます。

次の「BCC」は「ブラインド・カーボン・コピー(brind carbon copy)」の略です。「CC」と同じく、主送信先(TO)の他にメールを読んで欲しい人がいる場合に「BCC」にメールアドレスを入れると、メールを同時に送ることができます。「CC」との違いは「BCC」に入力したメールアドレスは主送信先(TO)や「BCC」でメールを受け取った他の人は参照できないという点です。BCCはお互いに面識がない人達に一斉メールを送る時や若干訳ありの場合もあるので、「全員に返信」はしないように気を付けましょう。

関連記事

ピックアップ記事

  1. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  2. 突然インターネット接続が切れた時の対処法3~モデムやルーター機器そのものを確認~
    “複数のデバイスやソフトでもインターネットに接続することができず”、“モデムやルーターの接続にも問題…
  3. SNSの情報拡散によって企業がダメージを受けることもありますが、その中でも一番懸念されるのは、会社や…

注目記事

  1. 「サイバーとはどんな意味?」のイメージ画像

    「サイバー」とはどんな意味?

  2. 「なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか」のイメージ画像

    なぜ、自分のアドレスに迷惑メールが送られてくるのか?

  3. 個人製作イメージ

    Webサイトを個人事業主に依頼するメリット・デメリットとは

アーカイブ

ページ上部へ戻る