CCとBCCを使い分け、スマートに利用

CCとBCCを使い分け、スマートに利用

メールを送るとき、送りたい相手のメールアドレスを「TO」に入れますが、ビジネスでもプライベートでも使うことの多い「CC」、「BCC」。マナーを守って上手に使いたいものです。

複数の人にメールを送りたい時は様々な方法があります。まず1つ目は「TO」にカンマで区切って複数のメールアドレスを入れる方法。次は「CC」を使う方法。「CC」は「カーボン・コピー(carbon copy)」の略で、主送信先(TO)とは別にメールを読んで欲しい人がいる場合に「CC」にメールアドレスを入れると、メールを同時に送ることができます。「CC」に入力したメールアドレスは、主送信先の人や同じく「CC」でメールを受け取った人も参照できます。

次の「BCC」は「ブラインド・カーボン・コピー(brind carbon copy)」の略です。「CC」と同じく、主送信先(TO)の他にメールを読んで欲しい人がいる場合に「BCC」にメールアドレスを入れると、メールを同時に送ることができます。「CC」との違いは「BCC」に入力したメールアドレスは主送信先(TO)や「BCC」でメールを受け取った他の人は参照できないという点です。BCCはお互いに面識がない人達に一斉メールを送る時や若干訳ありの場合もあるので、「全員に返信」はしないように気を付けましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

ピックアップ記事

  1. 「被害に遭ってからでは遅い。事前に知っておきたいインターネットセキュリティ」のイメージ画像
    電車に乗るときに列車の時刻を調べたり、ネットショッピングで欲しかったものを買い物したりと今の時代は多…
  2. 撮影テクニックの向上に役立つサイト4選
    写真の表現の幅を広げたい、クオリティをアップさせたいとお考えのウェブ担当者さんにおすすめの撮影テクニ…
  3. コンテンツマーケティングとは
    コンテンツとはもともと「中身」という意味ですが、コンテンツマーケティングとはどのようなマーケティング…

注目記事

  1. 便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

    便利が増えるとリスクも増える。IoTのリスクとは?

  2. 「伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント」のイメージ画像

    伝わりやすく、信頼されるWebサイトにするための2つのポイント

  3. 「サイバーとはどんな意味?」のイメージ画像

    「サイバー」とはどんな意味?

アーカイブ

ページ上部へ戻る